お久しぶりです。

お出掛けブログの回でございます。

今回は題名を
【箱根】とか
【草津】とか
はたまた
【ワカサギ釣り】とかにしたかったんですが

相棒に
スタッドレスタイヤを履かしてあげる財力が
ナッシングトゥーマッチ、、、

同乗するなら〇〇をくれ
と助手席に叫んでも返事は、そう

ナッシングトゥーマッチ、、、

冗談はこれくらいに
今回のお供を紹介して
お出掛けといきます。

DSC_0195

REDWING
IRISH SETTER
6’MOC-TOE
8173(E)

ブーツラバーでなくても知っている方が多いのではないでしょうか。
アメカジにはもってこいのシルエット
ついついヘビロテしてしまう原因はこれだけではなく
レッドウィングと言えばの
トラクショントレッド・ソール!
白くて平らで分厚いソールが
クッション性に富んでいて足の疲れを忘れさせてくれます。
このラフアウトレザーは
汚れやデニムの色移りがあり敬遠される方もいますが、
筆者はそれが大好きで
変化していく度に、いい味してきたなとヨダレを垂らしております。

DSC_0197

リジットのデニムやレザーパンツを履いている時や
体が硬い方、
お腹のミートテックが豊かな方にとって
脱ぎ履きが一番苦労するところではないでしょうか
筆者はミートテックが豊かな方ですので、、、
ちょこっとカスタム!!
上3つをフックにしてます。
これだけで脱ぎ履きが
かなり楽になります!!
あと

Hold Me Tight

言われてみたい、、、ではなく

締め付けも強くなると思います。
このフックは
小ぶりなのでパンツにあまり干渉せず
使い勝手が良いです。
ちょこっとカスタム
気になる方はご相談お待ちしております。

さてさて
筆者の財力ではここが限界

DSC_0199

スーパー銭湯
着いたら、やることは一つ
体を清め
サ道です!!

サウナ→水風呂→休憩

これを3往復
温冷交代浴
疲労回復の為に行うものですが
サウナもサウナ後の水風呂も気持ちいい!!
サウナーなら温泉より銭湯でしょう
と温泉に行けなかったことをポジティブに変換。
この日は人が多くタイミングが難しかった為か
整いませんでした。残念。
(分かる方には分かるはず。)

お風呂上がりのコーヒー牛乳も欠かせません。
グビッと飲み干し向かうは食堂

DSC_0202

チキン南蛮ーーーーー

タルタルまいうです!
最&高
タルタル見たら注文しちゃいました、、、
サウナすると
お腹すくんですよね、、、
銭湯は健康的に太ります、、、
危険です。お気を付けを!!

食べたらマンガを読みながらダラダラします。
時に寝ます。
そう
デブエットインストラクターのレベルアップ中です。。。

なにもしないを楽しんでいると
すぐ夜になりました。
最後にと
岩盤浴で汗を流し
露天風呂でまったりして帰路につきます。

時には
なにもしないのもいいのではないでしょうか。

時にはです。
今度は、今度こそは遠出します!!

またお会いしましょう


今年もあっという間に1ヵ月が過ぎました。
気温が定まらずに悩ましい日々が続いてますね。

「今回のブログどんな内容が良いかなぁ」
って考えながら
「最近、ブーツに興味持を持つ人が増えた様な気がする」
そんなことを思いながら今回のブログはこんな内容にしてみました。

題して、【ブーツ初心者にオススメの4足!!】
IMG_1300
最初にご紹介するのはこちら
< DANNER 30440 DANNER LIGHT KHAKI> ¥55,000+TAX
IMG_1298
まずはこちらですね!!
BootsLoverの方でだったら1度は履いた事があるのではないでしょうか?
誕生から40年が経ち、今なお支持されてる1足。
最大の特徴といえばなんと言っても、GORE-TEXが搭載され天候に左右されることなく履ける
まさに、ブーツ界のユーティリティープレイヤー!!

続いては…
<RED WING 8875 IRISH SETTER 6′ MOC-TOE ORO RUSSET> ¥39,700+TAX
IMG_1293
ブーツといえばこれって思う方も多いじゃないでしょうか?
THE・アメカジといった1足!!
世界のセレブや国民的スターまでもが愛用している名品です。
個人的にはアメカジスタイルが好きなのでオススメです!!

RED WINGからもう1足ご紹介
<RED WING 9414 BECKMAN BOOT BLACK FTRSTN > ¥45,900+TAX
IMG_1296
先程のブーツとは対照的なブーツとなっており
その最大の特徴はフェザーストーンと呼ばれるレザーにあり!!
独特の輝きを放ち、さらにクリームで磨き上げると艶がより増します。
このブーツであればどんなスタイルでも合わせることが可能です。

最後はこちら
<DANNER D-1806 ANTIGO DK.BROWN> ¥40,700+TAX
IMG_1290
最後はDANNERからJAPAN MADEの1足を紹介
「ブーツはなぁ~、ちょっと丈が長いんだよな」って方に是非!!
チャッカスタイルで丈がそこまで長くないので、足首がギチギチに締め付けられることもなく
また、足馴染みの良いホーウィン社のレザーをアッパーに使用し
かえりの良いレザーソールに前後セパレートのビブラム社のタイガムソールを
使用しているのでクッション性、対摩耗性に優れているので快適な履き心地になってます。

以上4足を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
ブーツが欲しい方は是非、参考にして頂ければ幸いです。
店頭に来られた際は是非ご相談下さい、お待ちしてます。


冒頭で言うまでのことではないが、

我々STUMPTOWNのスタッフは当然、皆ブーツが好きである。

きっかけや形はどうであれ、スニーカーよりも重たくて硬いブーツが好きなのである。

ある種のM気質とでもいうべきか。

革の持つ雰囲気や機能性は勿論の事、

修理をすれば学生時代から中年やさらにその先まで履いていけるかもしれない頑丈さ。

男であれば好きになる理由はいくらでもあるが、

もっと単純に言えば、格好良いから履いているのである。

当ブログをお読みの方であれば、この気持ちがご理解頂けるのではないだろうか?

.

.

.

そんなブーツラバーの男の心をくすぐるブランドといえば

当方ではWHITE’S BOOTSの取り扱いがある。

このブランドの特徴はやはり、カスタムオーダーが出来るという事である。

当然ながら既にカスタムオーダーをされた事があるという方も、

初めてで何のことかさっぱり解らないという方もいらっしゃるであろう。

モデルを選び、革を選び、ソールを選び、アイレットを選び、ラスト(木型)を選び、etc..

ブーツに限らず靴が好きな方であればこれがどれだけ楽しい事かは想像に難くない。

世界で自分だけが履いているかもしれない靴。

そんな靴を作ってみたくはないだろうか?

.

こちらにカスタムオーダーをされたお客様の

ブーツをまとめたギャラリーをご用意している。

同じモデルでも使うレザーやソール等でかなり印象が変わるというのがご理解頂けるかと。

是非ご参考までに。

WHITE’S CUSTOM ORDER GALLERY

.

.

.

そして今回はカスタムオーダーのちょっとしたアイデアをお伝えさせて頂こうかと思っている。

IMG_3920IMG_3921IMG_3923

店頭にて置いていたモデルを参考に、先日私がカスタムオーダーを依頼したNORTH WEST。

つま先をLTTにし、ホールド力をアップ。

そして遊び心でサイドパッチを装着。

そしてアッパーのレザーを2TONEでBLACK OIL TANと

BLACK OIL TANの裏の部分であるBLACK OIL ROUGHOUT

のコンビでオーダーをした。

ここがミソであるが、今回使用したレザーは同じ革の裏表であるので

1TONE扱いになり、通常¥10,000+TAXの追加料金がかかる

2TONEにならないのである。

そこまで冒険はしていないと言われればそうかもしれないが、

カスタムオーダーだからこそ出来る事であるし

金額を少し抑えれるのは嬉しいところ。

もちろんラフアウトをご用意しているレザーであれば

他のカラーでも出来るので個人的には是非トライして頂きたい仕様である。

*一部対象外のレザーも御座います。ご了承お願い致します。

ちなみにハイトも7INCHでオーダー、6INCHと同じお値段でご依頼可能。

金額は押さえたいが、少し高さが欲しいというかたは是非ご検討頂ければと。

全然隠してはいないので裏メニューでもなんでもないが、(笑)

カスタムオーダーをお考えの方は、頭の片隅にでも入れておいて頂ければ幸いです。

IMG_6684IMG_6685店頭ではレザーやソールのサンプルをご用意しているので

見て触って履いて確かめて頂ければ幸いです。

勿論お電話や、メールでのお問い合わせも受け付けておりますので

是非お気軽に。

皆様のホワイツブーツカスタムオーダーのご依頼、スタッフ一同お待ちしております!


近所の梅林が少しづつ蕾が開き始めた。
寒さが落ち着くとまではいかないが、春の到来を感じさせる。

そうなってくると、欲しくなってくるのは春物の装い!!
といきたい所ではあるがまだ早いですよね。
それなら、冬モノの整理でもしませんか?

IMG_4540

WHITE’S
SMOKE JUMPER LTT 7inch
カラー:BURGUNDY CX / ROUGHOUT REDDOG

NOMAD                 12inch
カラー:ROUGHOUT BLACK

今年の冬もお世話になった彼らに今回は敬意を込め
メンテナンスをしてあげようと思う。
(本当は履き始めてから一度も何もしてあげていないのが事実だが。)
今回使用するのはこちら!!

IMG_4550

SAPHIR
オムニローション
(スエード・ヌバック・テキスタイル使用)
¥1,800-+TAX
こちらはスエードやヌバック等の頑固な汚れの際にオススメのアイテム。

まずはブーツ全体のホコリを落とす。
今回、こちらは豚毛のブラシを使用。入念に全体をブラッシング。
表面のホコリを落とす感覚。

IMG_4553

次に取り出すはオムニローション!!
コップ等に水を入れ使用する分量をこちらへ。

IMG_4555

いざ、ブーツクリーニングのスタート!!
今回、ハンドルブラシを使用。先ほど用意した液体をすくい上げ
スエードの草原へダイブ!!

IMG_4566

円を描くように、泡立てながら生地の汚れをゴシゴシ。

IMG_4583

その後は先ほどまで使っていたブラシの泡をとり、すすぐように用意した水で
ブーツ全体をブラシを使い洗い落とす。
後はクロス等で染み抜きの要領のように水分をとり約一日乾かす。
こちらが乾かした後になります。

IMG_4592

AFTER

IMG_4543

BEFORE

IMG_4590

向かって右側のみクリーニング済み。
左側は着手しておりません。

この驚くべき違い!!とまではいかなかった。。。
ですが、明らかに革のハリが違いますよね!?
アイロンがけをしたシャツと、そうでないシャツのような違い!!

昔読んだ、【夢をかなえるゾウ】に、人生における成功の秘訣。
『靴を磨け!!』
とあったなぁ、なんて思い出し自身が所有するブーツに目を向け、
春が来るまでには終わらせよぉと呟くのであった。


関東でも、雪の予報が出る季節がやってきましたね!

皆様は、防寒対策はおすみでしょうか!?

筆者は寒さから逃げるように冬休みを頂き、地元 九州 福岡県にバス釣りに行ってきました!

フィールドは約15年前、小・中学生時代によく釣りをしていた野池。

IMG_2767IMG_2768IMG_2780いろんな懐かしい思い出がよみがえってきました。

よく足を滑らせて、何度も池に落ちた事もありました!笑

懐かしい・・・・・(涙)

昔の思い出に浸りながら、今回選んだ相棒は ↓こちら!  IMG_2503

 

DANNER   FREDDO MID B200

※ ↑画像は旧モデルになります。

(現行モデルはこちらです。)IMG_2511
防水仕様、保温性はそのままに、インサイドに止水ジッパーを配し容易な着脱が可能。IMG_2801IMG_2512
アウトソールはスノースポーツ用に開発されたvibram®サンダ―。アイストレックコンパウンドを適用しアーバンシーンはもちろん寒冷地でも強力なグリップを発揮。IMG_2802IMG_E2537
防水性に優れたDanner® Dry メンブレンをライニングに使用しており、様々なシチュエーションに対応する。
Thinsulate®インサレーションが優れた保温性を発揮。
タウンユースはもちろん、キャンプなどアウトドアシーンでも幅広く使えます。

いざ、出陣!!IMG_2778IMG_2771IMG_2790IMG_2789IMG_2786
約3時間、いろんなポイントを攻めていた時・・・
「んっ・・・」
「キターーーー」
IMG_2772
釣れたのは・・・・!?
なんと・・・
ムツゴロウ!!!笑
IMG_2792
すみません・・・
嘘です。ただの根がかりでした・・・(泣)

結局、日没まで粘ったのですが・・・
釣果ゼロで終了・・・
2020年初ゲットならず・・・(悲)
次回こそは・・・

ちなみに・・・
先程の画像(ムツゴロウ)は福岡のソウルフード「むっちゃん万十」。
小学生の時から食べていますが、全く飽きません!笑
福岡に旅行などで行った際に是非食べてみては・・・・!!
IMG_2791
では!


突然ですが日頃より、STUMPTOWNのブログを見てくださっている生粋のブーツラバーの方々の
お隣には素敵でエレガント、はたまたチャーミングでキュートなパートナーさんがいらっしゃるに
違いない、と勝手に妄想しております。

いつもは男性の方向けの商品ばかりを紹介している当ブログですが、今回はそんな素敵な
パートナーさんに是非履いてもらいたい、またはブーツラバーの皆様から素敵なパートナーさん
に是非オススメして欲しいLADY’Sモデルのご紹介です。

本当は、女性の方に実際に履いてもらっている写真を載せたかったのですが、
あいにくこのSTUMPTOWN、女性スタッフがおりません。なので、商品オンリーで許してください。
5A57FA05-07C7-44AF-8720-A221B5252E1C

REDWING
3405  W’s CLARA

¥45,900+tax30097A96-1FA3-4AA9-ABFE-1758D59F674A (1)

REDWING
3473  W’sHARRIET
¥45,900+tax
どうです?このエレガント感。
いやいやチャーミングでしょ?それともセクシー?
男の我々から見ると、見方によっては色々な見え方が出来ますよね。
逆に女性の方はどう見えたりするのか興味も出てきます。
3A4513C9-707E-42AB-9288-5109F1E476A5

妄想してみて下さい。
デートかなんかの待ち合わせで「待った~?」なんて言いながら、
小走りで駆け寄ってくる素敵なパートナーの足元がこんなブーツだったら。。。
もう見えない所で絶対悶絶しますよね?でもって必要以上に足元見ちゃいますよね?
僕なら悶絶して必要以上に足元見ます。ドン引きされない程度に。

女性の方のブーツにも色々あります。
でも、皆様の素敵なパートナーさんの足元はやっぱりこんなブーツを履いていて欲しいなぁと。

さ、商品の紹介も終わったし帰ろう。
今後、現れるのか現れないのか、わからない素敵なパートナーの足元を妄想しながら。
周りの人にドン引きされない程度に。

 


明けましておめでとう御座います。

みなさま年末年始はいかがお過ごしでしょうか。
私たちは本日からまた新しいスタートを切らせて頂きました!

昨年中は、イベントへの出店、アニバーサリーモデルや、コラボレーションモデル、
初の試みであるオリジナルブーツのリリースもありました。
そして修理やカスタムオーダーのご依頼も本当にたくさん頂きました。
深く感謝しております。

これからも、『おっ』と言わせる企画やサービスを発信していきたいと思っております。
多くの皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

新年は、本日1月1日は少し営業時間が短くなっておりますが、
1月2日から平常営業とさせていただきます。
※店頭に限りますが、一部SALE商品もご用意しております!

本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

2020年 1月1日
STUMPTOWN


こんにちわーTAIです。

あっという間に年末ですね~
月日がたつのは本当に早いものですね~

年末が近づいてくるとやっぱり日本人は大掃除をしたくなりますよね笑

なんなんでしょうねこの日本人特有の習慣?習性?

ちなみにアメリカでも大掃除っていう習慣はあるんです。
でもアメリカでは決まって春にやるものなんですって。

なんでも冬の間に暖炉にたまったススを落としたりする習慣があることから
春にやるようになったんですって。

その名も『SPRING CLEANING』…意外とそのままでしたね笑

うちには暖炉なんてないんでやっぱりあたくし日本人、年末にやることにしました。

僕の大掃除って言うとやっぱりこれなんですねーブーツのお手入れなんですね笑!

これたぶんブーツLOVERの方々には分かってもらえるんじゃないかな??

まずブーツの掃除ですよね?部屋の掃除は後回しですよね笑

ということで今回は
特に汚くなってて1番愛用している相棒のお掃除を皆さんにお届けしたいと思います!!

1

この子はジッパーレースにしてるから脱ぎ履きが超楽なんですね~

だから仕事では
この子ばーっかり履きまくっていたのでそろそろダメージがやばいんです。。。

クリーニングしてオイルいれてあげないと!!

だって最後にお手入れしたのはちょうど1年前。。。

2

もう油が飛びまくってて汚いしー

3

もうドロドロでウェルトが埋まって見えないくらい。。。

4

ミッドソールもヒールベースも油分がとんでカラッカラです。

まず何から手をつければいいのか。。。
どうしよう。。。
あれ??
めんどくさい笑

やろうと決めたもののブーツを見つめたら急にめんどくさくなってしまったので
今回のお掃除は自己流大雑把スタイルでいくことに決めました笑!!

まずはじめに、ジッパーレースを固定してるシューレースを切っちゃいます!!

5

次はバケツに水をはってレクソルのレザークリーナーを突っ込んで、
洗浄剤をつくります!

6

そしたらその洗浄剤をブラシを使ってブーツ全体をゴシゴシしまくります!!

7

そう!!もう履いたままゴシゴシです笑!!

汚れが取れたかなーって思ったら、
バケツで水を汲んできて泡と汚れを一緒に落とします!もちろん履いたまま笑

8

そのあと余分な水分をふき取って、いよいよオイルをいれます!!

今回使用するのはWhite’s Boots Oil Liquidです。

9

これも適量をとってブーツに置いてから、、、

10

またゴシゴシ!!!

オイルが全体になじむようにゴシゴシ!!!

11

もうこれでもかってくらいゴシゴシして革になじませるのです!!!

革にオイルのテカリが消えて少しマットになってきたらOKの合図です!
どうでしょう??

12

オイル入れたから当たり前ですけど

手入れする前と後では左右で全然違いますよね~

13

後ろから見るとこんな感じ。

ミッドソールとヒールベースの革にもオイルを入れたので
なんだかだいぶ色が濃くなりましたね。

1

14

before    afterで比べるとこんな感じです。

もとの汚れがひどかったのでだいぶきれいになったように見えますね笑

本当ならこのあともっとブラッシングしたりしてキレイに仕上げるのが
ブーツのセオリーなんですが、この相棒はあくまで仕事用なのでここまで。

この子はまた明日からの工場でのお仕事できっとまたどろどろに汚れてしまうので、
輝かせる必要はないのです!!

なかなかここまで汚くなる人は少ないと思いますが、
皆さんはこんなに汚くなる前に相棒を磨いてあげてくださいね!!

あと今回のお手入れの方法は
めんどくさがり屋の僕がパッと済ませるためにやった自己流のお手入れなんで、
あんまり真似しないほうがいいですよ笑

アメリカに住んではや6年。。。
だいぶ大雑把な性格になったのは自覚しております。。。

ということで今回の日記が今年最後になります。

また来年も今までのようにWhite’s Bootsでの仕事の様子や事件??など
みなさんにお届け出来たらなと思っております!!

それでは皆様、よいお年を。


みなさんは「DE.」という日本のロックバンドをご存知だろうか?
活動期間はわずか4年。2007年に結成し、2011年惜しまれつつ解散した伝説の4人組バンド「DE.」
解散後、彼らが表舞台に立つことは無く、メンバーはそれぞれ別の道を歩んでいるという…。

なんてそれっぽく言ってみましたが、筆者が高校時代組んでいたバンドです。
もちろん皆さん知る余地もありません。大変失礼致しました。

そんな当時のメンバーから、ついに一人目となる結婚報告が届きまして、
翌年2月に人生初となる結婚式に参列する事になったという話です。

28歳で人生初の結婚式参列というのも、どうなんだろうという気もしますが…。
筆者含め、今まで周りが誰も結婚してこなかったのですから仕方ありません。

さて、そうなると必要なのはスーツです。
あいにく職業柄スーツなど持ち合わせておりませんので、
スーツは新調するとして…、問題は靴ですね。

靴屋ですから、靴は自店で扱っている物がいいなと思いながらも、
当方コテコテのワークブーツしか取り扱っておりません…。
どうしたもんか…、なんて考えていたら、ふと自身の所有している一足が頭に浮かびます。
DSC_0685こちら、筆者が約5年ほど愛用している「DANNER D1856 MANAWA」
数々の修理の練習台としてその身を捧げてきた為、各所おかしなところがあるのは目をつむって頂きたく思います…。

さて、こちらのMANAWAですが、さすがに結婚式に履いていくにはカジュアルすぎる。
それくらいは筆者もわきまえております。
ですが、ふとひらめいてしまったわけです。

「これ、ソールのエッジ黒く塗っちゃえば、いけんじゃね?」
と…。

ソールのエッジっていうのはここの部分ですね。
DSC_0681DSC_0682思い返すと、お客様からも「MANAWAをビジネスシーンでも履いたいんだけど、少しカジュアルすぎる…」
というお声をよく頂いていおりました。

つまり今回もまた、筆者の思い付きから実験台となるべく、このMANAWAにご登場頂いたというわけです。

MANAWAをビジネスシーンで履きたい全てのお客様のため、
結婚式に相棒を履いて行きたい自分自身のため、
そして晴れて結婚することとなったドラムの”みっちゃん”のため、
彼は今日もその身を犠牲に、新たなMANAWAの可能性を我々に示してくれるでしょう。

というわけでさっそくやっていきます。
まず用意するのは、もはや当ブログではおなじみになってきたこちら。
DSC_0692サンドペーパーです。
今回使用するのは番手#50、#100、#240の3種類。
エッジを黒く染める前に、元々塗られていたブラウンのカラーを落とし、
表面を起毛させる事で、ブラックのインクが染み込みやすくなるようにします。
DSC_0696番手の粗いものから細かいものへ、順に繰り返しやすっていきます。
このときやすり残しがあったり、目が均一でなかったりすると、仕上がりにムラが出てきてしまうので、
丁寧にやすりがけしていきます。
大体15分程度でしょうか、やすり続けて、もともとのエッジカラーを落とした状態のものがこちら。
DSC_0702DSC_0706ブラウンのカラーが落ちて、革の地の色が出てきている状態です。
エッジカラーにはコーティングの役割もあるので、コーティングが落ちて少しモサモサした質感になります。
こうすることで次に塗るブラックのエッジカラーが、より染み込みやすくなるわけですね。

さて、ここからがメインです。
いよいよコバにブラックのエッジカラーを塗っていきます。
DSC_0712今回使用するのはコロンブスから出ている「Boot Blackシリーズ」のエッジカラー ブラック。
残念ながら当方では取り扱っておらず、インターネットで購入致しました。
シャボン玉みたいにキャップに棒がついていて、その先に塗布綿がついているので、これ一つで塗れちゃいます。

では、いざ…。
DSC_0728塗る前は、インクがアッパーにつかないかとか、どうやって塗ったらいいんだとか、
そもそもこれでちゃんと黒く染まるのだろうかとか、いろいろ考えておりましたが、
いざ塗ってみると、とてもインクの伸びが良く、不器用な筆者でもスムーズに塗る事が出来ました。

ではさっそく、そんなこんなで完成した「DANNER MANAWA FORMAL CUSTOM」をご覧いただきましょう。
DSC_0732はいどんっ!
どうでしょうか?
少し分りにくいので、もう少し寄ってみましょう。
DSC_0734DSC_0739うん、いいんじゃないでしょうか。
さすがに結婚式でとなると、ボリュームがありすぎて厳しいかもしれませんが、
これならビジネスシーンでも使えそうな気がします。

後はシンプルに「靴紐を変える」くらいの感覚で、
シューズのイメージを少し変えたいときなんかにもいいかもしれません。

さてはて、今回はこれまた筆者の思い付きで「MANAWAのエッジを黒く塗ってみたらどうなるか」をご紹介致しました。
「持っているカジュアルブーツを、ビジネスシーンでも使いたい」
「カジュアルでもビジネスシーンでも使えるブーツが欲しいけど、なかんかしっくりくるものが無い」
「なんか今履いてるブーツちょっと飽きた、雰囲気変えたい」
なんて方にオススメでございます。

結局本来の目的である「MANAWAを結婚式に履いていく」
という目標は叶いそうにない為、筆者はまた明日よりドレスシューズ探しに明け暮れたいと思います…。

ではまた次回お会い致しましょう。
さようなら。