このブーツと出会ったのは約4年前。
STUMPTOWN渋谷のスタッフとして働き始めて最初に買ったWHITE’SBOOTSがこの1足だった。
どのブーツもそうなのだが、特にこの1足の履き始めの頃はそれはもう丁重扱っていた。
1日おきに履き、帰宅後は欠かす事無くブラッシング。
専用の保管場所も確保して、月に一度のメンテナンス。
雨に降られた日もしっかりとメンテナンス。
今思うと過保護もだったのかもしれない。
保管時やメンテナンス時の扱い方も赤子を抱き上げるように細心の注意を払った。
商品やお客様のブーツに対してなら当然の事だが
片手でつま先やウェルトを抓むように持つのではなく
履き口から抱き上げ、もう一方の手をソールに添えるようにと心掛けたものだった

A34457E2-3ACF-46F5-8E0F-776A6D192EE7

ブーツが『馴染み』という性質を持っているのに対して、人間は『馴れ』という習性を持っている。
1年が経った頃には、ワークブーツという響きに人間側が馴れ
言葉は似ているが内容は真逆の所謂、『可愛がり』に至っていた。
この頃の自分を否定するつもりはない。
多分ブーツが歩み寄ってくれていた。
これが馴染み。そしてこの考えは馴れ。
これはこれで今とこれからに良い味を出してくれているはずだ。
ブーツのエイジングもまた然り、人と同じく愛情のかけ方次第だと思う。
これだけモノが溢れ返っている世の中では難しいかもしれないし
行き過ぎた考えなのかもしれないが、ブーツを異性、もしくは我が子と思って付き合うと
出会いからの今と今から始まる将来に対する考え方がよりポジティブになるはずだ。
『あんな風に格好良くなって欲しい』、『こんな風に綺麗になって欲しい』。
最近ではブーツを購入する際にはこういった将来的なことは極力思い描かないようにしている。
何故なら将来像を気にするあまり、自身と相棒の今に不安や疑念を抱いてしまい
その結果、大切に育てているつもりが過保護になってしまうからだ。
筆者個人の考えだが、ワークブーツやアウトドアブーツは傷やシミがあったほうが
表情が豊かになり、より馴れ親しんで履くことが出来るようなるに思う。

6E90CB3A-D56D-47A4-8721-9B0FC484CC5F

一体全体、筆者はなにを言いたいのか。
要するにブーツのエイジングに大切なのは
『どう育つか』 の?も大切だけど、それよりも『どう育てようか』 の?の方が
大切なのではないだろうか。
エイジングの為にと使用するケア用品に頼りがちだが、一番は履く環境や履き方だ。
旨いものを食わせているだけじゃ深みは出ないから、かわいい子には旅をさせたい。
たかがブーツをこんな風に思っている諸兄も少なくはないはず。
こんな事を考えながら奮闘するからこそ10年、15年後にはもっと愛着が出て来るのだろう。
まだまだ先の話だがコイツ達の将来が楽しみだ。


こんにちは。
現在冬休みで日本に帰国中で、アメリカでは食べれないラーメンを食いまくっているTAIです!!
前回ぼくのブーツを紹介したところ反響がすごくあったので今回もぼくのブーツを紹介したいと思います。
今回紹介するブーツは仕事用ではなく、完全プライベート用に使っているヤツです。

1

ジャジャン!!
NOMADことエンジニアブーツで御座います。
工場ではみんな『モォラサイクォブ―ッ(MOTOR CYCLE BOOTS)』って呼んでます。
アッパーのレザーは「DISTRESSED ROUGH OUT」で、ソールは「VIBRAM#100」使ってます。
あとハイトはレギュラーの12インチから少し短めの10インチにしました!
なぜかって僕の足が短いから・・・涙
レースアップじゃないWHITE’Sを履くのは初めてでしたが、WHITE’Sの最大の特徴であるアーチイーズのおかげで、足の甲の部分ですご~くフィットするんです!
他のブランドのブーツに比べて履き易いなって思いました。
あくまで僕の主観ですけどね笑
このブーツは去年の年末に出来上がったばっかりなのでまだ数回しか履けてないんですが、お気に入りの1足です!
ただ1つだけ失敗してしまったことが・・・
僕が持っているデニムが細すぎて裾がシャフトをカバーしきれない・・・

2

やっと入ったと思ってもかんな感じ…

3

パンツのラインが死んでしまっていますwww
ブーツのシャフトの形がくっきりとwww
ちょっとこれは自分的に嫌なので、太めなパンツをゲットするまではこのスタイルでいきます!!

4

ブーーーーツイン!!!!!!!!!!

5

This is MOTOR CYCLE BOOTS!!!!!!
って感じですよね。

6

あれ・・・・
頭の中のイメージではもう少しかっこよく写真に写ってると思ったのに・・・・
ちょーーかっこ悪いwww

7

あっ!!顔が写ってるからかwwww
この写真はかっこいい!!!!
自分としても初めてのブーツインで最初は抵抗あったんですけど、慣れてくるとこれはこれでイイ!!!
すごく気に入ってます!!!
バイク乗りの人たちだけではなくおススメです!
ぜひエンジニアタイプをお持ちの方は一回試してみてください!!
ではまた!


いやぁ、降りましたね。積もりましたね。ちょっと予想以上でした。

1
首都圏をはじめ普段降雪とあまり縁の無い地域は、ニュースや報道を見ると
ライフラインや道路、鉄道他、それぞれの事業所や施設などで、雪に対しての対策や準備があまい訳ではありませんが、
何よりも私達自身にその現実に対する心構えが足りないのかなぁと思う事もありました。

ちょっとちらつく分には、『綺麗だね!』とか、余裕があったりすると『風情があるね』なんて言えたりするのですが、
歩行困難なほどになってくると、『マジッ!!』、『ヤバッ!!』そして、『…………。』
ただただ沈黙…。

自然が見せる“いつもとは違った表情”には、油断をしてしまうと危険を感じることもありますが、上手にお付き合いして行く事が出来れば
もしかしたら楽しみになるかもしれません。

今回は足元の視点から1つ、
『Mt.Light』 VS 『Danner Light』 in 都内の「雪」!!!
どうですか、このタイトル?気になる方も多いのでは!?
Danner社が誇る2大看板モデルを都内の雪の中の通勤で検証しました。

といっても大した実験をしたわけではないのですが…。
22日当日、4年ぶりの大雪と退勤時に対峙したわけですが、私の相棒はMt.Light。

538307154.063146

職場のある渋谷では、やはりなんの不安も無く、期待通りの活躍!
ガシガシと踏みしめながら歩けます。
ただひとたび、住まいのある最寄り駅に着くと…
IMG_8538

軽く20cmは積もっているではないかー!!!
やっぱりいくつになっても好奇心というか、久しぶりに見る雪に我慢は出来ず、進入してみました!
ずっとこれを繰り返していたら、履き口から雪が入り、さずがに濡れたと思いますが(まずパンツがビショビショになったはず。)これは2歩しかしてません。
無事帰宅し、アウターやバッグはさすがに湿っておりましたが、靴下は全然濡れてません!

翌日は、DannerLight 2 。

IMG_8565
2

いやぁ、夜の間にすっかり積もっております。
これから仕事ですから、敢えて無謀な場所は歩きませんでしたが、やはり無敵!
GORE-TEX、ダナー式のステッチダウン製法、VIBRAMのクレッターリフト…もしかして普段はオーバースペックなのかもしれませんが、
こういった状況になってみると安心としか言いようが無い!むしろ活き活きとしている気がするほど。

この日も難なく帰路に着いた訳ですが、昨日と打って変わって今夜は溶けた雪が凍って、アイスバーンになっている所が多く、若干怖い思いもしました。
さて、2日間のそれぞれの着用で感じたこと。

レザーアッパーのMt.Lightと、コーデュラナイロンとレザーのコンビのDanner Light。
その差は、底冷えの違いがありました。当然ですが両日共に同気温ではありませんでしたが、帰って来たときの足の冷え具合が違ったように思いました。
元々通気性と足当たりの柔軟性を重視したスペックのDannerLight。
に対し、Mt.Lightはオールレザーのアッパーですし、シュータン部分はレザーが都合3枚重なっています。
冷える状況に長時間居つづけるといった環境下では、Mt.Lightの方が向いていそうです。

もう1つ、この両モデルのハイトにも注目。
3
2cmほどの差ではありますが、DannerLightの方が高さがあります。
そして、同サイズの重量比較ですがMt.Lightの方が26gほど重くなっております。
たかだか2cm、26gなので、大きな差ではありませんが、比較という事で触れておきます。

そして、防水性。これはやはり変わりません。今回の2足ですが、DannerLight2は10年以上、Mt.Lightも4年履いておりますが、
全く浸水せず。

IMG_0887

IMG_0889IMG_0890

年に1回積もるか積もらないかの降雪の為に、これは要らん!という方も当然いらっしゃると思います。
ただ、この靴達は雪だろうが雨だろうが、山だろうが街だろうが履けるんですから!
ビショビショになって困った方、ずーっと履ける頑丈な靴を探している方には読んで頂きたいなって。

筆者、スノーブーツは持っておりません…。
これ以上降ってしまったら、また、そういう土地に行くときは専用を揃えなくてはいけないでしょうね。

あくまでも、今回は都内の降雪・積雪に出くわしたので
水を得た魚ならぬ、雪を得たダナー を書いてみました。

今度は、Dannerの防水構造について書いてみようと思っております。
明日の休みは雪かきだ…。

IMG_0892


明けましておめでとうございます!TAIです!!

新年一発目の修行日記になりますー。

SPOKANEも1月になってからだいぶあったかくなって来ましたww

SPOKANEでは1年のうち12月がもっとも寒いんですよ。
だから1月はちょっとあったかく感じるっていう不思議。

でもまだまだ街には雪が残ってます。
1

そういえば、この修行日記を読んでくれている方から
持ってるWHITE’Sのブーツを見せてくれ!!ってメールをいただきました!!

こーゆーリクエスト待ってました!!
もういくらでもご紹介します!!

今回は仕事で履いているブーツの2足のうち1足をお披露目。
仕事用のブーツで本当にワークブーツとして履いているので汚いとか傷だらけじゃんとか思うかもしれませんが、あしからず・・・
2

モデル『LINEMAN』
一見するとSMOKEJUMPER??って感じですが、クオーターの内側が伸びてサイドパッチになっているんです。

あとステッチの色が違う!!
黄色い!!

これはケブラーステッチといって、電気が通電しにくく、耐性の強いステッチなんです!
なんで電気??って思うかもしれません。

このモデルは『LINEMAN』。つまりは電線工の人のためのブーツなんです!
僕は『LINEMAN』ではなく『BOOTSMAKER』ですけどwww

工場のみんなに
TAI、そのブーツ履くってことは・・・転職するのか???
って2.3回からかわれました。

なんでこのモデルにしたかっていうと・・・カッコいいから!!それだけ!!!

あと実はやりたかったことが・・・
3

それはこれ。

そうです。ジッパーつけたかったのです。
なんでかって??

楽だから!!!
別にこのモデルじゃないとできないってわけじゃないんですけど、どうせやるなら新しいの作ろ!!って思ってです。

もうとにかく紐の煩わしさがないからすごく楽なんです!

写真では伝わらないかもですけど
4

スッと足入れて
5

下にあるジッパー掴んだら
6

上まで一気にギュッーーーっと!
7

シャキーーーン!!

超簡単なんです!
レースアップにしてる場合の約4分の1くらいの時間で脱ぎ履きできるのです!!
ブーツの紹介っていうかジッパー超楽って記事になってますねwww
まぁいいですよね笑

この他にもたくさん持っているのでまた紹介します!!お楽しみに!
それとまた日本に帰国します!1月中旬からまた下旬にかけてたまにSTUMPTOWN渋谷にいるかもですので
もし見かけたらお気軽に声かけてくださいませ!!

ではまた!!


こんな小っちゃな店がブーツの修理と販売の片手間で書いてるようなブログだから
この時期はついつい忙しさにかまけて休みがちになってしまうのだが
昨年末にはお客様から『毎回読んでます!』という大変ありがたいお言葉もあったので
いい加減にそろそろ先輩に怒られる前に…という訳ではないが久々の更新。
2017年も様々なブーツに触れながら、ベテランブーツファンの方々から色々と学ばせて頂きつつ
ブーツデビューとなるお客様の初登板のお手伝いも沢山させて頂いた。
そんな中でいつも打ち損じてしまう質問がある。
それが「人気の定番ブーツってどれ?」というAンジェルスのO谷選手も驚きの豪速Qだ。
勘違いしないで頂きたいのが、なにも定番とか王道と呼ばれるブーツとそれをお探しの方を
揶揄するという意味では断じてない。何故なら筆者も定番や王道と呼ばれるモデルが大好きで
そして、それを他の人のモノとは違う顔に育てるのが好きだから、それにはそれの良さはある。
しかしながら、やはり我々男共に生まれながらに備わっている冒険心や闘争心という魔物には
こんな胸元をえぐるような変化球も時には必要なのではないだろうか。

F03DEE8A-804A-40FE-AF8F-79FFA1BB0C09

WHITESBOOTS
6’ SMOKEJUMPER LTT
MULTI
¥133,000 + TAX

そう、LTT(レーストゥトォ)仕様のスモークジャンパーだ。
STUMPTOWNではWHITE’SBOOTSのカスタムサンプルとしてこのような
実物を見てみないとイメージし難いようなサンプル例をいくつか用意しているのだが
その中でも群を抜いてオプションてんこ盛りのカスタムサンプルだ。
WHITE’SBOOTSのカスタムオーダーではすっかり定番の
クロムエクセルを3色とブリティッシュタンを組み合わせた4トーンのアッパーに
レザーミッドソールをダブルにし、更にハーフスリップをプラスした
まさしく攻めのカスタム!! にしては結構うまく纏まったと思う。
色味ではなく、革が持つ特徴を合わせる事で日頃のケアも楽になり
エイジングによる表情の変化がマッチしやすいというメリットも狙いの1つだ。

B0A070DE-0743-4F4B-B604-CC1B917C0499

『せっかくカスタムオーダーをするなら~』という枕詞をよく耳にするが
心情としては『無難にまとめたくは無いが、奇をてらった仕様で後に後悔したくない』というのが妥当なところか。
事実、STUMPTOWNのメンバーも経験したことがあるが、この状況というのは想像以上に男気を要する。
そして結局は自分を信じて全力投球というのが最善の策なのだが
この緊張感の是非の捉え方はメンタルのバイオリズムが大きく関係するだろう。
もし非と捉えるならば、まずはこの1足を育てながらゆっくりと
自分に合った新しい変化球を開発するのも一興なのではないだろうか。


こんにちは。お久しぶりの修行日記になります。
2週間ほど日本に帰国していたのでなかなか記事が書けずでした・・・
帰国してたのも先日行われた『YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW』で今年もパフォーマンスさせてもらったからです。

1

いやー今年もたくさんの人に来てもらって、見てもらって楽しかったですねー

2

3

かっこよく写真撮ってもらったのでたくさん載せますwww

4

毎年記事に書いてるんでご存知の方も多いと思いますが、初めての方のために説明しますと
これはハンドソーイングといって手縫いでインソールとアッパーレザーとウエルトを一気に縫い付ける作業です。
WHITE’Sのブーツメイキングの行程の中でもとっても大事な行程です。

5

すごいたくさんのカメラに撮られて・・・

6

なんだか緊張してますwww

7

この人、ぼくに似てません笑??

7_5

なぜかキン肉マンソルジャーにも見つめられてwww
今回の目玉はなんと言っても『WHITE’S×4Q』のコラボレーションブーツの発売でした。
たくさんの方に購入いただきました!!

8

9

マックス・シャーフさん!!
たくさんの人が写真撮影求めても嫌な顔一つせず、これぞレジェンドって感じなナイスガイでした!!

10

そして僕の師匠でありWHITE’S BOOTSの工場長エリックとマックスが何やら話し込んでます。
話の内容は秘密です・・・
これだけで何か絵になりますよねー笑
イベントの後みんなで中華街にご飯に行きました!!
そこでSTUMPTOWN渋谷と横浜の店長2人がエリックと写真を撮りたくて撮りたくてウズウズしていたので
酒の勢いを借りてやって来ました笑

11

2人とも勢い借りすぎてベロベロでしたwww
今回の記事で年内最後になります。
今年も僕の記事を見ていただき誠にありがとうございます。
来年も僕の修行とともに記事の掲載は続けて行きますのでこれからもよろしくお願いします。
では良いお年を!!

 


max_main
max_logo

アメリカはオレンジカウンティで開催された世界最大級のカスタムバイクショー“Born Free”、そして2017年11月、横浜にて開催された“HOT ROD CUSTOM SHOW”にて限定発売され話題となった、MAX SCHAAFとWHITE’S BOOTS のコラボレーション ブーツ“MAX CHUKKA”

max_img01

当モデルを、STUMTOWN 渋谷店、およびSTUMPTOWN ONLINEにて先行発売させて頂くことが決まりました。各サイズ共に非常に少量となっております。欠品が出たサイズにつきましては一部、受注生産の形をとらせていただく場合も御座います。

max_img02
WHITE’S BOOTS MAX CHUKKA

・LAST:#55 SEMI-DRESS LAST
・WIDES:E
・LEATHER:HORWEEN CHROMEXCEL
・SOLE:COMPOSIT HALF SOLE
※ガーディアン・ベル が付属されます。
¥94,500(TAX IN)

他に、同コラボレーションアイテムとして、

COACH JACKET
LONG SLEEVE T-SHIRT
BANDANA

が発売となっております。
この商品に関するお問合せは、STUMPTOWN 渋谷店 まで





nomado_main
whites_logo

SPECIAL LIMITED MODEL

nomado_01

構想から製作、発売までに約1年の期間を経てリリースされた『RING BOOTS』。「STOPLIGHT」主宰の高山隆氏と、「SENSE」の北原哲夫氏が手掛けた、WHITE’S BOOTSのスペシャルリミテッドモデル。

WHITE’S BOOTSの本国の工場で、このモデルのためにラスト(木型)から全て製作。
シャフトの太さ、トゥのシルエット、ブラックアウトされた各部のパーツに、最大の特徴は『リングブーツ』の象徴である、ハーネス・ストラップなどこだわりのディティールが詰まっている。

nomado_02

仕上がった1足1足に、高山氏自身が「STOPLIGHT」の象徴でもある“1つ目スカル”のシルバーを打ち込む。
※敢えて磨きをかけていないシルバーを使い、ブーツの経年変化と共に銀面が浮かび上がる仕様に

nomado_03

ハーネス、トップベルトもブラックで統一

nomado_05

WHITE’Sのラインナップでははじめての、スクエアトゥ

nomado_07
nomado_08

スペシャル・ノベルティとして、「STOPLIGHT」のT-shirt 、缶バッチをプレゼント

nomado_item01
¥130,000+TAX

■販売店舗:STUMPTOWN渋谷、STUMPTOWN ONLINE STORE
■特典:「StopLight」T-shirt 、缶バッチのノベルティ付き
■足数に限りあり。詳しくはSTUMPTOWN 渋谷まで


semidress_main
whites_logo

CODY SANDERSON × WHITE'S BOOTS

semidress_01

ナバホの新星と呼ばれる、ジュエリーアーティスト「Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)」とWHITE’S BOOTSのコラボレーション ブーツ。

semidress_02

特別に作られた赤のライニング

semidress_03

“普段は見えない部分を敢えて見えるように表現した”というロングタン。

semidress_04

■販売店舗:STUMPTOWN渋谷、STUMPTOWN ONLINE STORE
■足数に限りあり。詳しくはSTUMPTOWN 渋谷まで