前回のコンバットハイカーの記事に引き続き、というわけではありませんが、今回も
Dannerの日本ではあまり知られていない部分にフォーカスを当ててみようかと思います。

Dannerというブランド、1932年の創業以来、時代を経て
1979年に開発されたDanner Light(ダナーライト)は、世界初のゴアテックスを採用したブーツとして知られています。
日本でも、このDanner Light、MT.Light をはじめとしたアウトドア・ハイクブーツが有名です。ですが…、実はアウトドアのカテゴリは
Dannerという、ブランドの生産するブーツ全体の1/4にも満たないんです! ホントです。

えっ、じゃあ何を作ってんの?と、お思いでしょう…

なんと、軍および警察・警備機関などに供給するブーツなんです!!

次いで、ワーク&ハンティング、ここまでで全体の8割を超えて、アウトドアやライフスタイルはゴクゴクわずか。
そうは言っても、割合の話ですので数足にするとすごいんですが…。

そんな訳で、Dannerを語るにはここも知っとけっていう、シリーズを紹介します!

IMG_6030

真っ黒な3足です。

左から、28017 KINETIC SIDE-ZIP ’6インチ43011 STRIKER TORRENT SIDE-ZIP ’6インチ 、43013 STRIKER TORRENT SIDE-ZIP ’8インチ

用途と言いますか、履かれる方の多くは警察官、軍関係者、警備員、など特殊な方々が主です。
ですので当然、特別目立つようなデザインや配色は無いですし、こういう方々が靴に求める機能だけを盛り込んだ、って感じの仕様ですね。

こういったカテゴリのブーツは、使用を想定した環境や現場の状況に合わせたモデルがたくさんありますが、

今回紹介するモデルの特徴は、SIDE-ZIP(サイドジップ)が着いているってところと、さらに、GORE-TEX 搭載ってところが共通しています。

IMAGE

ジップで開閉する部分も、アッパーの内側は伸縮する構造になっており、ここからも水が入らないような仕組みなんですね。考えられてます。

IMG_6035

そして、製法の部分にも触れますと、
前述した、Danner LightやMT.Lightのようなブーツの多くが、Dannerならではのステッチダウンという製法で作られているのに対し、こちらはセメント製法というものに近いです。
どちらにもそれぞれ特色がありますが、登山や力仕事で使用するアウトドアブーツや、ワークブーツには長時間の歩行や運動による耐久力が必要ですし、外的な力を受けることもあります。何よりもアッパーとソールの接合力が問われますし、それは頑丈でなくてはいけません。重い荷物を持って運んだり、移動したりする際に履く靴はある程度重量や固さが必要と言われています。足元が安定するからです。
そして、一過性ではいけませんので、修理が出来る事も重要です。履きなれた靴を直しながら愛用する。そんな事が求められますね。

対して、今回紹介したようなブーツは、タクティカルブーツなどとも呼ばれたりしますが、軽く、脱着もスムーズで、フレキシブルな動きに耐えられるものが求められます。もちろん、状況に応じていろんなモデルが存在しますが、多くのモデルは次の出番までに、直して履くなんて事は想定していません。

用途や使うヒトに合わせて、靴の製法も変わるんですね。
STRIKER TORRENTの2つは、ソールはブラックアウトのVIBRAM、アッパーとソールを圧着した上に、部分的にステッチダウンのように縫いも掛かっています。
IMG_6031

IMG_6032

暖かくなって、当店にも、サバイバルゲームに行かれるっていう方が増えてます。
定番のオリーブやベージュ、リアルツリーやデザートなど迷彩柄の靴のブーツもありますが、
廃墟などの都市型のロケーションに、SOLIDなオールブラックはどうでしょう!?

ただDannerってこんなブーツもあるよ。STUMPTOWNってこんな靴も扱ってるよっていう事で、紹介してみました。

これを普段着にどうやって合わせるかは、筆者分かりません。 すいません。。
ただし、蒸れない、濡れない、軽い、動きやすい…目立たない!? 最高のブーツです。
興味がある方、どうぞ!!
IMAGE3

IMAGE4


こんにちは!
アメリカに来てから初めて花粉症を発症した池岡です!

日本でも花粉が多くなっている季節かと思いますが、
それはアメリカでも同じみたいです。

もう鼻水が止まりません。

SPOKANEにもやっと春が!
家の前の桜の木も満開!!
日本から1ヶ月遅れくらいかな??
春が来て暖かくなってくれるのは嬉しいんですけど花粉はご遠慮願いたいですね〜

Cherry BlossomsSPOKANEの人たちも春が待ち遠しいのは同じで

なんだかいつもよりWHITE’Sのみんなテンション高く感じます。

金曜日なんかみんな上機嫌でニッコニコです笑

この時期週末どこか行くの?って聞くと、必ず

「Fishing !!!!」

って強めに言われます。
冬の間禁止されていた釣りが四月中旬に解禁されると
みんなアウトドア大好き!釣り大好き!!!
って感じで釣りに出かけます。

もうホント毎週釣りに行ってる印象ですね。
そしたら師匠が誘ってくれたので一緒に行って来ました!LONGLAKE

今回釣りをする場所は社長の家の裏の湖の『LONG LAKE』。

なんと庭と湖が直結!!ここから師匠のボートを湖に突っ込んで
釣りに出かけます

家の裏に湖・・・マイボート・・・なんか思ってた釣りと違う・・・
なんかすごい本格的。。
毎回ボート出してんの?って聞いたら

「当たり前じゃねーか!!じゃなきゃこのボートに魚群探知器を積んでる意味がねぇ!!」Sonar

「ぎょ・・・魚群探知器・・・漁師さんみたい」
実は僕、学生時代に釣り堀でアルバイトしていたので
ある程度の知識はあるつもりでしたが、ビックリ。
もちろん個人差はありますが師匠のそれは僕の想像をはるかにうわまっていました笑

師匠に釣り堀でアルバイトしていた経験を話したら
「そうか!じゃあなんでもできるな!!このボートのロープを
桟橋に繋いでくれ!!」

て言われて乱暴にロープを託されて困惑している僕の表情をご覧ください。LOPE

師匠、釣り堀にボートはなかったよ・・・

さぁ気を取り直して釣りスタート!!!
いやー釣りなんて久しぶりだなー楽しいなー
いっぱい釣りすぎちゃって食べきれなかったらどうしよ笑
1

とか考えながらルアーフィッシングに挑戦!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・・2
いや、釣れねぇんだけど・・・

師匠!魚群探知機は本当にここだって言っているのかい??

なんてテクノロジーに喧嘩を売りかけていたらMASTER

師匠は爆釣!!

その後いくらポイントを変えてもてんでダメでしたー
ビギナーズラック的なものは結構起こる方だと思ってたんですけど
そんなに甘くなかった〜
FINISH
一日の最後に丘に上がって今日の釣果を確認。

こんなにたくさんニジマス釣れました!!(師匠が釣った)

大きい!!(師匠が釣った)

嬉しい!!!!(師匠が釣った)

まるで自分が釣ったかの如く、得意気に掲げております・・・

師匠から何匹かおすそ分けをいただいて家に帰って美味しくいただきました。
釣自体がすごく楽しかったのでこっちで本格的に趣味として釣りを始めようかと考えてます。

ボートは買えないけど・・・

それではまた次回のブログ『池岡、世界を釣る!!』お楽しみに!!

 


いろいろ考えたが酷いタイトルになってしまった。
しかしご理解頂きたい。これしかなかった。。。
なぜなら今回ご紹介のブーツが紛れも無いガチだからだ。
Danner
COMBAT HIKER
31413
¥58,000+TAX

IMG_0123

一体何が『ガチ』かというと、2012年にアメリカのアウトドア情報誌【Outside】において
【SUMMER 2012 Outside Gear Of The Year】のトレイルシューズ部門で1位を獲得した
『CRATER RIM』というブーツをご存知だろうか。
この『CRATER RIM』というブーツ、何度かマテリアルを変え登場していたが、実に優れていた。
アウトソールは分厚いラバー製でブロックとイボ状のパターンが深々と配置されたVibramビフィダソールを履き
傷がつきやすいアッパーの下部は、合成ゴムが360度覆われている。
分厚いラバー製のソールと360度巻かれた合成ゴムの組み合わせは岩稜歩きでも心強い。
さらにこの二つの要素が組み合わさっているにもかかわらず、驚きの屈曲性を持ち
且つインソールも手伝って驚きのクッション性だった。
GORE-TEXも装備され、さらに非常にソフトなヌバックレザーがアッパーに配されていた為、トレッキングの即戦力として迎えたのを覚えている。

IMG_0124

ではアウトドアブーツ界の雄であるDanner社の他のブーツと
今回ご紹介の『COMBAT HIKER』や前述の『CRATER RIM』とでは何が違うのか?
デザインや製法もそうだが、筆者が気づいたのはそんなところではない!!
これだ!! ↓

IMG_0126

違和感を覚えた方はかなりマニアック。もしくは、とある経験がお有りの方かのどちらかだろう。
Dannerで採用されるVibram社のアウトソールのほとんどはロゴが黄色にマーキングされているのだが
事、『COMBAT HIKER』のソールは上の写真のように真っ黒でマーキングされていない。
それはなぜか…。答えはこのブーツの出生の背景にある。
まず最初に生まれたのは『COMBAT HIKER』でその後に、ハイキング、トレッキング用に改良されたのが
『CRATER RIM』なのだが、当時のアメリカ軍がアフガニスタンの岩肌剥き出しの岩石地帯で行った軍事作戦には
軍採用のブーツでは対応出来なかったのだとか。
それによってアメリカ軍からの依頼により開発されたのが、この『COMBAT HIKER』なのだ。
だからってなぜロゴを真っ黒にしなければならないのか、というと大きな理由の一つとして
活動中は常に敵が存在し、その敵から身を守りながら作戦を遂行しなければならず、非日常的な態勢を取らざるを得ない為だ。

2C38F92F-D893-4415-9CAB-A02FBF5487BB

そう、このように…
非日常的な態勢も良いところだが、これっぽっちの黄色いロゴが命取りになると考えると恐ろしくなってしまう。
戦場では目立つこと受け合いだろう。
なんだかいろいろ書いてしまったが、なにもこの先に起こるかもしれない何かに警鐘を鳴らしている訳では無く
こんな背景があるブーツなのだから、この夏に衣食住を担いでの縦走や名峰の岩稜歩きなど過酷な山行を計画中の諸兄や
近年一大ブームになりつつあるサバゲーにおハマり中の諸兄にオススメの1足としたい。

 

 


こんにちは!池岡です!

先月のことなんですが、spokaneで行われたmotorcycle showに行ってきました。
かっこいいーバイクがたくさんありましたーー・・・CHOPPER

なんだか最近僕の趣味を紹介するページみたいになってきてますね笑
まぁWHITE’S好きな人はバイクも好きでしょ!と勝手な関連付けをしてこの記事を書いてます。
日本で行われるmotorcycle showよりは小さめなんですが日本でなかなかは見かけないようなイベントもあったので紹介します!

.FIREPTN

TRIUMPH

はぁ〜〜〜かっこいい―――な――バイク見てると乗りたくなるんですよね。
日本に住んでいるときはバイクを乗ってたんですけど、アメリカに来てからは乗れていません(涙)
今ぼくの愛車は埼玉の実家でホコリまみれ、親からしょっちゅう処分をうながされます・・・

今回このSHOWに来たのも、WHITE’Sの工場で働いているゲイリーさんというバイク好き仲間が自分で組んだバイクを展示すると教えてもらったので見に来たんです!
WHITE’Sで何人かバイクのっている人たちの中で1番コアなバイク好きの人!なんと4台持ち!!
すごいお方!!工場のどこかでミシンが調子悪い、金具がゆるいとか声があると全部ゲイリーさんがたちまち直しちゃう!
一回トイレの水回りが壊れたことがあるんですけど、それもゲイリーが直してるのを見てさすがに笑いましたけどね。どこまで出来るんだよと。

そんなゲイリーさんですからバイク組むのは楽勝らしいっす。

GARY
ぱっと見普通のHONDAに見えるんですけど、よく見ないとわからないこだわりのカスタムが細部に!

エンジンから組んだらしいです。すげーー!!

ぼくは出来てマフラーを変えるくらい・・・HOTROD

バイクだけじゃなくてHOT RODも!

DRAG

ドラッグレーサーなんて生まれて初めて見ました!
これはテンションあがりましたね!!

あとおもしろい展示も

SCHOOLB
スクールバス???
なんで?

BUL

車イス??キャタピラ??
ガンタンク???

バットモービルみたいのもありました!

TRKL
これ公道走れるんですって笑

あとこんなSHOWも!

WLY
ハーレーでウィリー!!

BALL

金網の鉄球の中をバイク2台がぐるぐる回ってます!
日本じゃこういうのはなかなか見れないですね!!ARMY

なんかもうなんでもありだな笑!!

GUN

よく見るとバズーカが・・・
偽物ですよね・・・きっと。

長々と趣味の紹介にお付き合いくださりありがとうございました笑
ではまた次回の記事をお楽しみに!!


STUMPTOWN  2017SS CUSTOM MODEL 

WHITE’Sに新規オーダーしたモデルのご紹介です。
IMG_5790
こちらは独特の細かいシボ感と光沢が特徴の『WATER BUFFALO』。
履いていくうちにそのシボ感が薄れて行き、表情も変わっていきます。

IMG_5789

そして厚みがありながらも、油分をしっかりと含んだ『CHROMEXCEL』
表面の色が芯まで染まっていない、いわゆる茶芯と呼ばれる革で、独特の経年変化が特徴です。

それぞれ人気の高い2種類のレザーの中に、トーンの近い色味のものがあります。

CW
WATTER BUFFALO のBLACK CHERRYと、CHROMEXCELのBURGUNDYです。
それを、CAP-TOEをつけたSEMIDRESSに組み合わせました。

IMG_5787

IMG_5788

【ブーツスペック】
・SEMI-DRESS
・#55 Last
・WB BLACK CHERRY & Black Chromexcel
・VIBRAM #700
・ステインカラー:CLEAR
・EYELET:COPPER
・SOLE STITCH:DOUBLE
・LINING:CANYON
・CAP-TOE
・PRICE:¥112,500+TAX

SD

同じ仕様で、BLACKも。
馴染みの良いCHROMEXCELをVAMPに配してますので、足当たりも優しいと思います!

IMG_5767

違う種類の革を敢て同じ色で組み合わせることで、経年後の違いも楽しみではないでしょうか。

IMG_5772

CNPV4844

STUMPTOWNでは、4月15日から4月30日まで WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーの受注会『TRUNK SHOW』を開催中です。

今回の目玉はHORWEEN社のSHELL CORDVANを用いたSEMI-DRESSですが、当然、他のモデルや様々なレザーやソールのカスタムも受付中です!
是非 遊びに来てください。お待ちしております!!

STUMPTOWN TRUNK SHOW

渋谷店 東京都渋谷区渋谷区神南 1-11-5 2F
横浜店 神奈川県横浜市西区南幸 1-11-2 2F
にて開催中


Dryden(ドライデン)。
あまり、というか全く耳にしたことがない単語だった。
調べてみると、チャールズ・チャップリンの異父兄弟とか王政復古時代のイギリスの詩人とか。
絶対違う。。。
調べごとが苦手なので早くも迷宮入りはしたが、なぜこんな謎の言葉を調べ始めたのかというと
先日日本でも発売され、Dannerのヘリテージシリーズでは久々のヌバック仕様モデルが登場したからだ。

97E0E4D3-CAE6-4AEC-8405-622DF25FF8A4

上  DannerLight DRYDEN  30473  ¥56,000+TAX
下  Mt.Light DRYDEN         31533  ¥56,000+TAX
それがこのブーツの名にも冠されている 【 DRYDEN 】。
名前の由来はさておき、何を隠そうこの【 DRYDEN 】 という革、なんとHORWEEN社製の革なのだ。
シェルコードヴァンやクロムエクセルは日本でもかなりの有名どころだが、やはりそれだけではなかった。

11A802CD-1599-4839-A86F-100E302EDAC2

しかし、ことアウトドアブーツに使用される革に限っては重要なのは『どこのタンナーか』だけではない。
機能や強度、そして馴染みの良さもそうだろう。
まず機能は無論だが防水加工処理済。
強度は上の写真でも見える『コバ』を見ると納得の厚さ。しっかりと張りもあり、適度な重みも感じる。
こうなると不安視されるのが馴染みの良さという点になる。
試着してみるとまず驚いたのは、濡れたシルクのような肌触りだった。
足を通し、ヒモを締めると非常にソフトな足当たり。
軽く歩いてみると既に馴染んでいるかのよう。
完璧だ!!
BA464FCC-8457-4279-A52E-2D4A12AC73F0

このDRYDENモデルは生産数限定とのこと。
ここ最近そんなモデルばかり続いているが、牛や馬、革や職人さんの数にも限りがあるし、今の時代には丁度いいようにも思える。
兎にも角にも、まずはご試着を。


STUMPTOWN LIMITED EDITION

creek_main
danner_logo_s

CREEK

creek_01
creek_02
creek_03
D511020
¥35,000+TAX

1960年以降、健康に対する意識が高まると共にアメリカの人々は
ハイキング・バックパッキングといった、アウトドアへとくりだして行った。
その頃トレッキングシューズをはじめとするアウトドアブーツへの専門化、強化を図っていたDannerは後に、
世界で初となるGORE-TEXを搭載したDannerLightを世に送り出すなど、
現代への礎を築いていくのだが、その歴史は登山靴に限らず、ワーカーやファーマー達のために
それぞれの環境を想定した靴を作るブーツメーカーの一つであった。

50年代のカタログには鉄道員をはじめ、制服姿に合わせた靴も供給している。
ハイトの高いいわゆるブーツのたたずまいでは無く、ドレスシューズの様相を呈した、かつ丈夫なシューズ。
質実剛健でありながら、フォーマルである靴が求められたからである。
そんなヒストリー・アーカイブを、STUMPTOWNが現代風に解釈した形の一つが、今回のCREEK。
肉厚なガラスレザーのアッパーに、キャップトゥのスタイル。
当時のスペック同様にグッドイヤー製法でさらにストームウェルトの仕様。
ボトムにはベンズの中板に、VIBRAMのタイガムソールをハーフで選択。
横浜店の1周年を記念し、別注をかけた1足。
渋谷店・横浜店・銀座店で数量限定で、4月22日発売予定。


今週末4/15から渋谷店と横浜店で開催の【WHITE’S BOOTS TRUNK SHOW】の目玉の1つなっているのが
アメリカの名門タンナーであるHORWEEN社が世界に誇る、【シェルコードヴァン】を使用したSEMI-DRESSですね。
やはりというか、かなりの反響でお問合せも多数頂いてますので、こちらでオーダー方法やオーダー可能内容などの詳細をご案内させて頂きます。
0749D0D3-099E-46E9-ACBC-C5773878AD0D

まずはオーダー方法です。
皆さんご存知の通りシェルコードヴァンは稀少な革の為、今回入手できた量も極少量です。
そのため公平さを欠かない為に、 【 期間中に店頭にご来店頂いたお客様のみ 】の受注生産 とさせて頂きます。
遠方のお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。
期間中は混雑が予想されますので、事前にお電話にてお時間のご指定を頂ければ、ご予約もお承り致します。
9C154AC3-3DA9-4DFF-8986-BF1FD4C97384

気になるオーダー内容です。
アッパーの仕様のみオーダー内容を限定させて頂きます。
MODEL・・・SEMI-DRESS   LAST・・・#55 (SEMI-DRESS LAST)   COLOR・・・BLACK・BURGUNDY・NAVY
TONE・・・1 TONE         BOX TOE・・・SINGLE CELASTIC       TOE CAPS・・・NONE
となっておりますが、その他のソールやアイレットの種類、仕様などは通常通りのカスタムオーダーが可能です。

8674EA9A-824A-40EF-A2A8-FB85C5BD86FC

そして最後に1つだけうれしいお知らせ。
なんと今回に限り、【 LEATHER MID SOLE 】をDOUBLE、もしくは 【 HALF SLIP 】のオーダーと【 LEATHER LACE 】のオーダーについてのオプション料金は頂きません。
お値段は均一の税込み¥216,000です。
※LEATHER LACEはお一人様につき1セットとさせて頂きます。
そうです!! アイス屋さんスタイルです !! やっちゃいましょう!!!
というわけで、今度またいつこの夢の共演が叶うかもわからない、究極にして至高の逸足を是非この機会に。


こんにちは!池岡です!!

みなさん日本ではもう春を感じれるくらいなんでしょうか?日本の春がなつかしい〜
SPOKANEは春はまだ感じないんですが大分暖かくなって過ごしやすくなってきてます。

そういえば、サマータイムって知っていますか?
アメリカではサマータイムといって季節によって標準時間を1時間進めることなんです。
なんでも明るい時間を有効活用するために導入されたんだとか・・・

適用されるのは3月の第2日曜日から11月の最初の週まで。

僕は毎朝5時半に起きてるんですが、春が近づくにつれて明るくなっていた空もサマータイムの開始によって
1時間進み、また真っ暗な朝・・・テンション下がります。

説明が難しいんですけど今年で言うと3月12日が1日に23時間しかなく、11月4日が25時間あるんです。

もう慣れましたけど、最初は家中の時計とスマホの時計がズレてパニックになりましたね笑

さあ余談はこれくらいにして。

先日宣言した長いハイトのブーツをを見つけました!!

20インチ!!!
3

長い!!イヤっでかい!!!!
左側がレギュラーの10インチで右側が20インチ!!
レギュラーの10インチでも日本の方にしたら十分長いでしょうけど、それの倍!!

1
床においてみるとこう!!
やっぱり長い!僕と比べちゃうと膝上まできちゃう笑

2
全体で見てみるとこんなに。
長過ぎて笑って手がおかしなポーズになってますね笑
師匠曰く30インチくらいの作った事あるそうです笑
太ももまで覆われるタイプでなんでもバイク乗りの人の依頼で作ったとか。
いつか見てみたい!!
というか作ってみたい!!
またなにか面白いブーツを見つけたらレポートします!

ではまた!!!