こんにちは〜TAIです。

日本では梅雨真っ盛りだと思いますが、そんな中カルフォルニア州のオレンジカウンティで行われた「BORN FREE SHOW」に参加してまいりました!
いやー日本と違ってこっちは雨の心配なんていらないくらい快晴でしたね!去年よりは少し気温が低かったので涼しくってとっても快適でした!
去年も参加したんですけど今年もSHOWの様子を少しご紹介します!

ブースの様子はこんな感じ。

1

2

定番のSMOKEJUMPERから新作のライフスタイルまで展示しました!

そして今回の我々White’s Bootsのブースの目玉はこちら!!

3

バイクビルダーでありスケートチームREALに在籍するスケーターでもある『Max Schaaf』とのコラボレーションブーツ!!
「4Q FOREMAN」
発売前からインスタ等で宣伝し大きな反響があったこのブーツを今回のBORN FREE SHOWにて先行発売しました!

朝の開場と同時にたくさんのお客さんに来ていただいて非常に大きな反響がありました!!

4

いやー朝から大忙し!!

タトゥーバリバリのお兄ちゃんたちを接客することなんてあんまないから若干ビビりながら話してましたけど話してみたらすごくいい人ばっかり!!

5

こちらのおじさまにもお買い上げいただきました!!

6

普段工場で靴を作っている自分が慣れない接客してるだけでも疲れるのに、さらに屋外ということでなんだかとっても焦ってしまい、涼しい中でも汗だくになったので半袖に着替えちゃいました笑

そんな中でも今回のブースで1番人気のアイテムがこちらのガーディアンベル

7

こちらも4QとWhite’s Bootsのダブルネームになっております!

ガーディアンベルっていうのは簡単にいうと日本でいうお守りです。

ガーディアンベルっていうのには裏話がありまして・・・自分で自分に買うとむしろ悪いことが起きるって言われていて、誰かに渡されて初めてお守りとして成立するなんて言われているんですよ!
その辺のカルチャーが浸透しているアメリカのバイカーたちはみんな僕たちのブースに来てこのガーディアンベルを買ってすぐに一緒にいる人に渡すなんて光景をよく見ました。
受け取った人もなんとも言えない嬉しそうな表情をしていて、それを見た僕もほっこりしてお腹いっぱいになりました笑

SHOW全体のお話をしようと思ってたんですけど記事がすごく長くなっちゃうんで続きはまた次回に持ち越したいと思います!

8

でわまた!!!


ジメジメした梅雨が明ければ、灼熱の夏がやってくる!!

夏空

サンダル・スニーカーなど涼しげなモノを履きたくなる季節になってきました。
皆さんはどうでしょう?

ブーツ馬鹿な筆者は夏でも関係なくブーツを履いちゃいます!!
なぜなら!死ぬほどブーツが好きだから・・・笑
しかし、夏は短パンは外せません!
そこで!短パンに合うオススメのブーツを紹介致します!!

WHITE’SBOOTS
NORTH WEST OXFORD

image_67221761 (2)

このボリューム感と存在感たまりません・・・
ちなみにこのNORTH WEST OXFORD、使用しているラストは現在WHITE’Sの所有しているラストの中でもアーチイーズが低く、つま先周りもたっぷり余裕があるラストです。
偏平足・幅広・甲高の方には特にオススメです!

個人的に好き過ぎて3足所有しております。
かっこいい・・・(自己満足)

image_67227905

↓3足のブーツで短パンコーディネートしてみました!!

IMG_0619

IMG_0623

IMG_0620

短パンに相性抜群!!…ではないでしょうか!?
少しでも参考にして頂ければ幸いです!

ブーツと言えば、どうしても秋・冬のイメージが強い方も多いと思います。
しかし、コーディネートによっては意外に夏でも履けちゃいます!
是非、検討してみて下さい!
では!


TREDDO-03

およそ20年ぶりの復刻として2017年に発売、
多くの反響を得た Danner TOLEDO。

今回はファンの要望に応えるかたちで、
履き心地の良さはそのままに見た目の印象もよりライトな
ローカットスタイルをリリース。
シーンや季節を問わず履いて頂きたい1足。

TREDDO-04
TREDDO-05
TREDDO-06

シューズの顔でもあるモカシン部分。
昔ながらの技法で、1足1足が職人の手縫いによって織りなされる。
現代では機械化が進み、時間と手間をかけて作られる事は少なくなってしまった
ディティールだが、独特の立体感と履いた時の包み込まれるような
フィット感はハンドメイドならではのもの。

logo2

2019 6.21 FRI ON SALE
渋谷店、銀座店、STUMPTOWN ONLINEにて


いよいよ関東地方も梅雨入りしましたね。

夏に『水不足』も困りますし、森や農作物も心配ですから、それなりに降って欲しいとは思いますが、
ふつーな量で、いい塩梅の期間が良いですね。
ここ数年異常気象ってよく耳にしますが、つい先日も
北海道で5月の末に35℃を超えたってニュースを見ました。道内での5月の最高気温ですって。
気圧配置やいろんな条件でこういう事になるんでしょうけど、単純に夏はどうなっちゃうのって思います。

オジサンくさい天気の話はさておき
オジサンの休日の足元はサンダルでしたって話。
IMG_3437

都会の喧騒を離れて郊外へ…
ではなく、徒歩圏内の近所の川へ
IMG_3415
人によってその理由はそれぞれでしょうけども、個人的にはサンダルを履くのは
『解放感』『爽快感』を求める時ですかね。
だから、素足です。格好も超ラフ。
IMG_3419
この
DannerのMIZUGUMO FLIP
めちゃくちゃ軽いです。いわゆるビーサンより軽いと思います! 気になって計ってみたら片足182g(28cm)でした。
これまでにもDannerからはいろんなサンダルが出ていましたが、これはリカバリーサンダルというカテゴリのもの。
IMG_3420
トレッキングやスポーツの後に、疲労を回復させる(緊張状態からの解放といった感じでしょうか)事を目的としたサンダルで、
衝撃吸収を重視しているようです。素材も
従来のEVAよりも10%軽量化、反発力は15%アップしてるとか。
なので、なのか、それだけが理由なのかは分かりませんが、普通のアスファルトを歩いてる時もめちゃめちゃ楽でしたが、
こんなごろたの上を歩いているときも、地面の凹凸や硬さをそんなに感じないんですね。
多分、普通のビーサンだったら、突き上げで足の裏イタイイタイになってたと思います。ほんとに!
IMG_3438
次の橋まで歩いてみようと
特に目的もなくただただ水の流れる音と、草木の緑色を取り込んで視力回復を図りながら
歩き続けたのでありました。

気になる方も多いと思います。
IMG_3434
この鼻緒。
靴擦れですね。

大丈夫でした!! いわゆるつっかけタイプのサンダルは他に持っているので、
今回は敢えての鼻緒付きだったのですが、
水に浸かっても脱げにくいですし、このサンダルは土踏まずのアーチサポートがしっかりしているせいか、
鼻緒だけに負担が掛からないみたいです。
もちろん人によると思いますので、それは店頭でお確かめ下さい!

余談ですが、
SEP
こういうのでサンダル作ったらさらに疲れは軽減できるのかな…

というわけで、リカバリーサンダルの性能を確かめに、自然に溶け込みに行ったら
心も体もリカバリー出来てましたというお話でした。


こんにちは!TAIです!!

日本ではゴールデンウィークも終わってみなさんいかがお過ごしですか?

当然ですが、アメリカにはゴールデンウィークなんて存在しません・・・

10連休とかチョーうらやましい・・・

こっちでは毎日毎日ブーツ作ってるっていうのに。。。みんなは休みとか。。。

さ!妬みはこのくらいにしましょう!!

今日はみんなが休んでいる間に僕がなにをしてたかを紹介します笑

以前からステッチダウンをやっているって書いてましたが、まだやってます笑

このセクションだけで、もう1年半くらいかな??だって難しいんだもん。

ステッチダウンって簡単にざっくり説明すると、
ウエルトとアッパーとミッドソールとアウトソールを一気に縫い上げることです。

ワークブーツではとっても主流な製造方法で、革靴でもこうやって作ってるのがあるんですよ。

どうやるかって?

1

まず靴を用意します。

2

そしてこうやって

3

こうして

4

こうすれば・・・

5

ほらできた!!

なに??わかりずらい???

ですよね笑自分で書いててそう思ったのでビデオを撮ってきました!!

こんな感じです!!

これ簡単に見えますけどすごーく難しいんですよー

縫う靴のラストによってもソールの種類によっても縫い方から力の入れ方、つま先の回し方、角度の付け方、
1周目と2周目・・・あげたらきりがないくらい全部変えなきゃいけない。

もちろん具体的な説明書なんかあるわけないから何度も失敗しながら全部体に叩き込んで体で覚えるしかないのです!
沢山失敗しました・・・

1日で大体120〜150足くらい縫います!かれこれ1年半やってるからもう1万足くらいは縫えたかな??

前にダスティンから10万足縫わないと一丁前になれん!!て言われたけどホントその通り。
まだまだできないことがたくさん!

手も少しだけマメができて

6

でもまだまだ。。。

先は長いな〜

ではまた!!


深緑の輝く季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
世間ではGWで観光地やお買い物へと
足を運びたくなる時期ですが、私奴はそんなお客様の
ご来店をお迎えすべく、今年もSTUMPTOWNで
皆様をお待ちしている日々で御座います。

今回、私奴は僭越ながら一足先に頂いた休日を使い
ほんのちょっとだけ足を延ばさせて頂いた次第なわけで御座いまして
その時の足元を自慢!ではなく、ご紹介させて頂こうかと存じます。

IMG_3806

Danner
D219104
WRAPTOP LIGHT 3
¥7,000 + TAX

前日が雨だった事もあり、足元が良くなかろうと思いつつも近所の山を
散策に出かけてみました。
毎年の事では御座いますが、これからのシーズンになりますと
予想だにしない雨の心配をしながらの靴選びをしてしまい
玄関先で迷子になってしまうのは私奴だけではないのではないでしょうか。

王道のDanner lightという選択も御座いましたが
更にライトな足元にしたく、こちらを選んだ次第で御座います。

IMG_3810

この靴、何が楽かって聞かれましたらそれはもう履きやすさで御座います。
履き口周りをご覧下さい。
秘密は、スニーカーのシルエットをしながら
履き口周りはスリッポンのようなデザインなので御座います。

IMG_3811

アウトソールは接地面が広めの形状となっており安定した足運びと
細かく浅い溝はぬかるんだ地面でも目詰まりがしにくく快適さを保ってくれます。
素材は、軽量ラバーとネオプレーン素材を使用しております。

ネオプレーン素材って何??となる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらを仕様した代表的なモノと致しまして、ウェットスーツの素材が挙げられます。
この素材には、多くの気泡が含まれております。
それにより伸縮・防水性が高いのが特徴となっております。IMG_3814

そんな素材で御座いますから、足にピタッとフィットし
心地よく包まれる感覚になります。
ですので、今回は気にせず湿った大地に足を踏み入れましたが
その結果ソールは泥だらけになってしまいました。
私奴は汚い人間ですので、せめて足元だけでも
綺麗しておきたいもので御座います。
ウェットスーツの素材にゴムを使用しているシューズならと思い
バシャバシャと流れ出る水の中に足を入れてみました。

入ってくる気配はなく一安心で御座います。
(※ゴシゴシと丸洗いを出来うるシューズではないので悪しからず。)

これからのレジャーに梅雨対策、足元でお悩みの皆様にも
是非オススメさせて頂きたい1足で御座いました。

IMG_3807

この長く続く階段を登りきりましたが
帰りは同様の下りが待ち受けております。
非日常から日常へ戻るには険しすぎる。。。
と思いつつも、帰路につく私奴でありました。


こんにちはーTAIです。

春ですねーSPOKANEの春は日本より2〜3週くらい遅れてやってきます。

今週やっと桜が満開になりました。って言ってもちっちゃい桜の木で2、3本しかないから寂しいもんなんですが・・・

でも春になってもやっぱり工場は変わらず忙しいです!

そんな忙しい毎日の中である事件が起きました!!

とある木曜日にいつも通りセカセカと働いていました。そろそろお昼だなー休憩行くかーなんて考えてら、その瞬間!!

ブンッッッッッッ!!!

って音がなったと思ったら工場が急に真っ暗に!

あ、停電だ!

僕がいた過去5年間で何度か同じようなことがあったんですが、停電になっても10秒も経たずにすぐに元に戻っていました。

だけど今回は・・・

3分経っても5分経っても復旧しない・・・

これはおかしい、普通じゃないぞ。職人のみんなもザワザワとしだしました。

それもそのはず、機械を使う作業では機械が動かなくなっちゃうし仕事にならない!というか暗くてなにも見えない!!

1

非常灯がついてものものしい雰囲気です。

外への非常口を開けてもまだ全然暗い。

2

僕の作業場も真っ暗。これでフラッシュたいて撮影してます。

3

工場が停電ってことは、お店ももちろん真っ暗。

4

そんな中工場に響き渡るハンマー音!!
カーーン!!カーーン!!

ん!!なんだ!?怖いぞ!!

・・・音のする方に向かってみると、、、

5

工場一の真面目者ジェームスが携帯の明かりを頼りに作業してました!

た・・たくましい・・・

でもこのすぐ後に危ないからやめろ!!って工場長から怒られてました。。。

ここで電気会社に問い合わせた情報が回ってきました!

なんでもWhite’s Bootsの近くで事故があって電線が切れたらしい。復旧までしばらく時間がかかるとのこと。

そこで工場のみんなが怪我をしてないか確認した後、リーダーたちの話し合いの結果この日はもうここで終了にしようとのこと。

まだ12時くらいでしたが作業できないんだからしょうがない。

6

みんな不完全燃焼でとぼとぼと帰っていきます。

俺も帰るかーと車に乗って工場を後にしたらすぐにパトカーが道を閉鎖しているのを発見!!

7

野次馬根性がザワザワと騒いでしまったので、近くに車を止めて見てきました!

8

電柱が折れてる。。。車が浮いてる。。。荷台の棒が電線を巻き込んでる。。。
ナンジャコリャ・・・

見れば見るほど原因がはっきりしない現場でした笑

でも怪我人がいなかったみたいで不幸中の幸いですね。

そうこうしてたら、以前も登場したダスティンから電話が!

「電気が復旧したぞ!!戻ってこい!!」

「今から??は、はいデス!!!」

ていうか復旧に時間かかるんじゃねーのかよ笑

現場を知っている僕はこの状況でよく復旧できたなと思いながら工場にとんぼ返り笑

復旧が知れたメンバーとまだ工場に残っていたメンバーのみ作業に戻りました。その数4人笑

もちろんその中には真面目者ジェームスもいましたよ笑

あとで古株の職人に聞いたらこんなことは35年間で3回しかないって言ってました。

3回あったのかよ笑

でわまた!


春キャンプに行って来た。
天候にも恵まれ、素晴らしく素晴らしいリフレッシュが出来た。
今回はそんなおじさんの春キャンの様子をざっくりと記録してみた。
今回お邪魔させて頂いたのは、神奈川と山梨の県境にある
人気のキャンプ場、『道志の森』。
予約も不要で結構広め。春キャンプにオススメだ。
中でも川沿いのエリアを気に入っている。
。。。川の音で周りのキャンパーさん達ともお互い
なんとなくだが距離が取れる気がして。。。

61819876-9B6C-436B-904E-49E26BCCF3E4到着したのが大体10:30くらいだったか。
テントを建てたら、まずは道の駅で買った地ビールのIPAを一気に呑み干す!!
サイっコーに美味かった~~っ!!

576815239.073213

あ、私、キャンプはするけど、そこまでのキャンパーではないので
テントとかバーナーとかは山用のモノで特にキャンプ用って訳ではなく
そんなに洒落たのは持ち合わせておらず
地味過ぎたので、アメリカ修行中に近くのスーパーで買った
派手なイスでなんとなく映えさせてみた。

AED4B43E-9271-4EFF-B8C7-2682E22F5758

で、小腹が減ったのでカップラ食って。。。
久々に家で食べる味とは全く違う
空気と景色という調味料入りのカップラだった。

A0849966-8ED9-4C81-9DC5-B72270C53A96

格別の味のカップラをむさぼった後は
食後のひと休み。
ボケーーーーっとしながら、昔どこかの黄色い熊が
『ぼくはなにもしないをしているよ。』 といっていたのを思い出した。
いい言葉だ。
あの黄色い熊をうらやむ。
私も金と時間さえあれば一生そうしていたい。
けど、そうも言ってられないので
今回のお供である80年代に発売されていた
8インチ丈のDannerLightをテストしてやる事に。

6B89EE3A-8CC3-4F98-9219-01B58A783357

いつの日か復刻して欲しいモデルのひとつだ。
結果は防水性はあるが、ナイロン部分の撥水性はほぼ無くなっていた。
まだイケル!!
こうやってヴィンテージモノのテストをたまにするのも一興だ。

E9A6FFFF-6557-4FD2-9D2B-1A72ADA61731で、濡れてしまったブーツは天日干し!!
私は普段お店でお客様にお手入れや保管方法を聞かれたときは
風通しの良い場所で日陰干しをとご案内しているが
私物のブーツに関しては、特に気にせずラフに扱っている。
オススメはしないが。。。

950846DE-704A-4939-8E4F-D7E9BA49FCF8B758810C-90C0-4458-8DEA-9E4E83E91C03

ブーツを干している間に軽い散策がてら
買った薪と木炭だけじゃ点火しにくいから枯れ枝集め。
誰の足跡だったのかは不明。
神奈川と山梨の県境なので、あの黄色い熊じゃないって事だけは確か。
いたらサインとハチミツと年パス欲しかったけど。。。

E862365B-ABFC-4270-BC10-3D411B5603AB

細かい枝を集め終わったくらいには結構ヒンヤリしてきたので
あとは夕飯の仕度。と言っても料理は苦手なので
焼くだけ煮るだけのワイルドめし。
この方が酒もいっぱい呑めるし片付けも楽っ !!

FC531EA0-1724-4896-8FDE-57639CA67999

牛筋の煮込み(美味すぎて記録するの忘れてしまいました。)の汁にうどんをぶっ込み
冷凍のシシャモを焼いている図。

61E9FAD7-B0A0-4E17-BE36-FC656B9A23FF

煮込みとシシャモっつったらポンシュでしょ !! の図。
地酒も最っ高ーに美ん味かった~~っ!!

15F6DAB1-3571-4D30-B88D-7C4955CE5DEB

まだまだ頂きます。
地ベーコン丸焼きの図。
今回のキャンプでベーコンは多分1年分食っただろう。

14291FC8-14B5-4CC9-A1FC-B07C3124CDBC炭火のパワーとありがたみを感じながら
最高の栄養補給が出来た。
。。。と落ち着きそうになったが、あのメインイベントを忘れるところだった !!

D59517B7-85A2-4E53-A546-B2D020BB7DD3

地ベーコン丸焼きの図の火の中で独りじっくり待っていてくれたのは
この時期にしか味わえない新鮮な筍だ!!
まぁ~~、ポンシュが進むススムっ !!
余裕で一本空けてしまった。。。

F6A66149-D622-426D-8D04-3F2108E31367

これだけ暗くなると春とは言え、気温は一ケタ台前半。
あんなに一気に呑み干すんじゃなかったと、空の瓶を
すすりながら、暖をとって、腐れ縁の仲間と談笑中。
焚き火を前にすると、静かになる人と
バカになる人って分れるけど、二人揃って後者でした。

51EA8B44-B7F2-46D1-9396-30C75DF64FAE

遊んで食って呑んで喋ったら眠たくなるのも早い。
寝小便垂れるんじゃないかくらい火遊びもしたので
しっかりと火が消えるのを見守ってと思ったけど明日の朝もあるし
今日は直火じゃないので、もう少ししたら就寝。

5E15AAF1-1D84-42E0-B7CE-7666737B69AC

朝だ。
キャンプはこの為にやっていると言っても過言ではないくらい
好きなのが、モーニングカァフィ 。
まだ寝ている炭火を起こして暖を取りながら
すすり飲むコーヒーは格別だ。

C6923C1B-C4FA-4712-973F-35B093795C66

腹は温まると減る。
『昼食包み』という市販のパンが朝も手軽で良い。
それをただ軽くクッカーで焼くだけで数倍美味くなる。

02CD63FB-F30C-4D9D-B02A-38BCC1BCF9F7

朝メシが終わったら後は帰るだけ。。と。。。
衣食住の全てを再びパッキングして、おセンチに浸る。の図。
余談だが、なぜか私はいつもアウトドアを楽しんだ帰りは必ずと言っていいほど
頭の中で渡辺美里の『My Revolution』が流れ続ける。
それはさて置き、昨年末に買ったスノーブーツもこの時期の
テントサイトではまだまだ重宝する。
それと、DannerLightのソールは熱されると剥がれてしまう
危険もあるので、極力火の近くは避けよう。

1AD5E8F3-C05A-4855-9FF2-4DC26785C6A8 54A8B01F-53F0-4119-ABE4-47931E9926DC

帰りの道の駅で名物のクレソンが乗った山菜そばと
ヤマメの塩焼きを頂いて今回の全日程が終了。
と、まぁ決してお洒落なキャンプではないが
私のキャンプはこんな感じだ。
皆さんも来る、超大型連休のGWを見据えるも良し
今からでも良しという事で、Dannerのブーツと共に
これからのアウトドアシーズンを存分に楽しんで頂きたい。
ではまた。


main_re

東京をベースに活動している T シャツレーベル、”TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコーズ)”とDannerのコラボレーションモデル。
1932年、“可能な範囲の中で最も優れた靴を作る”というポリシーを掲げ、ワークシューズメーカーとしてそのビジネスをスタートしたDanner(ダナー)。
その原点に立ち返りダナーが、原産国、素材、工程等を見直し、開発された DANNER FIELD(ダナーフィールド)。
このダナーフィールドをベースにタコマフジレコーズならではのストーリーを盛り込んだ、その名も「THE WORKHORSE(ザ ワークホース)」がリリース。
今回ベースとなるダナーフィールドは、防水・透湿性能に優れたGORE-TEX®(ゴアテックス)ブーティーを使用し、悪天候も想定した安心のスペック。
トレイルやキャンプといったアウトドア―シーンで抜群の性能を発揮する。インソールにはOrtholite®(オルソライト)を使用し、優れたクッション性を提供。
安定感を重視した広いソールにはVibram®(ヴィブラム)クレッターリフトを採用し、高いグリップと耐摩耗性を確保しており、製法はステッチダウン製法でソール交換可能。

photo-01

サイドパネルを通常、ナイロン仕様のところ、鮮やかなミントカラーのレザーを使用し、
内側をスウェード、外側を表革とすることで同じミントカラーでもインサイド/アウトサイドで発色が異なる独特の味わいを醸し出す特別仕様。
シュータンにはタコマフジレコーズとダナーのロゴを、踵部分には今回のコラボレーションテーマ「THE WORKHORSE」の刻印。
ブーツ以外にも「THE WORKHORSE」のパッケージ商品として、Tシャツ、キャップ、トートバッグ、ストールも合わせて発売。

photo-02

■ 2019年4月20日(土)STUMPTOWN 渋谷、銀座、ONLINE での発売となります。
こちらは店頭・WEBでの予約等はお受け出来かねますのであらかじめご了承下さい。