ついにやってまいりました。
シリーズモノ!!
筆者は、お買い物の際、
これを着て・これを履いて
どこへ行こう・何をしよう
と考えている時間を楽しんでおります。
共感頂ける方も多いのではないでしょうか。
このシリーズはそんなどこへ行こうを
実際に行ってみた!!というコーナーです。
そんな個人的に楽しんでいる時間を図々しくも
お届けしていきます。
ランチタイムの箸休めにでもなれば幸いです。
ではいざ!
第1回は【相模湖】に行って参りました。

DSC_1016

これまた筆者の勝手ですが、
愛車を点検に出したところ、リアタイヤが寿命とのことで交換。
慣らし運転の為、関東近郊を選ばして頂きました。
(近場でさえ、まだまだ行ってない所たくさんありますので、楽しみで仕方ありません。)
さて当日の朝、

DSC_1015

曇天!
昼過ぎには晴れると予報が出ておりましたので、いざ行かん!
お願い!お天道様!
曇天からの~~~

DSC_1021

曇天!
どうしたものか………
暑くなく快適だったのは良いのですが、
映えない!!
下道で向かいましたので
所要時間約2時間
腹が減ってはなんとやら、
お天道様を出待ちしつつ
ご飯タイムと参りましょう!!
相模湖周辺のご飯処を見つけ、
いただきます。

DSC_1031

DSC_1029

カツ丼
コーヒー
まいう!!
これ以上は言う必要はないでしょう。
運転疲れの体には染みる染みる
贅沢な一品でした。ごちそうさまでした。
コーヒーの奥に少し覗いている
懐かしい占いに、ほっこりしておりました。
(独りでやってみる勇気はありません。)
食後の運動と、近くを散策。

DSC_1024

お天道様が徐々に現れてきました。
気持ちいい!
コンクリートジャングルでは感じられない自然を全身で感じる。
これだけで来た甲斐があります。
おっと
湖を堪能してないではないか、、、
遊覧船発見!

DSC_1034

くじら丸
湖にくじら、、、まあまあまあ
独りでニヤついておりました。
しゅっぱーーーつ!

DSC_1041

相模湖をグルっと1周
約20分の遊覧船を堪能。
風を感じ、ボートを漕いでいる方や釣りを楽しんでいる方に手を振り、
目一杯楽しみました。
(何度も言いますが独りで!!心の中でアベックに憎悪を感じたことは言わないでおきましょう。)
相模湖を堪能した後は、来る道中
気になった所に戻ります。

DSC_1061

DSC_1065

城山ダム!
貯水しているところまで見えなかったですが、
こちらも相模湖とは趣が違いナイスビュー。
今回はこのくらいで帰りましょう。
(やりすぎると次回のハードルが上がってしまう、、、)
今回の旅のお供を紹介して締めたいと思います。

DSC_1059

DANNER
MOUNTAIN LIGHT
説明不要かもしれませんが、
ゴアテックス搭載のアウトドアブーツ。
曇天の不安を取り払ってくれる頼もしい相棒です。
迷ったらコレ!
雨にも負けず蒸れづらく高いグリップ性とクッション性。
言う事無しですね。
度々登場するかもしれませんが、お許しを。
さてさて第1回いかがだったでしょうか。
今回、往復約100㎞。慣らし運転終了ということで、
実はもう【第2回 穂高編】行ってきてます!!
遠出してみました。楽しさと疲れが共存した旅になっております。
またお会いしましょう。


このたびの近畿地方地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

6月18日(月)朝に発生した大阪府北部を震源とする地震の影響で、関東以西
を中心に配送(日時指定含)の遅延・配送不可などが発生する事が予想されます。

※その他の地域におきましても遅延等の影響が出る場合がございます。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

尚、配送状況の詳細については、ヤマト運輸 各営業所にお問い合わせください。
営業所検索はこちら http://sneko2.kuronekoyamato.co.jp/sneko2/contents/jsp/sn2/ken.jsp?SHF=1


こんにちは!
そろそろ日本の居酒屋シックにかかってしまったTAIです笑

先日カルフォルニア州ロサンゼルスで行われた『BORN FREE SHOW』にWhite’s Bootsの一員として参加してまいりました。

この『BORN FREE SHOW』とは、今年で開催10回目の非常に有名なバイクショーでとっても大きなイベントなんです。
ロサンゼルスといっても大都会の真ん中で開催されるわけではなくちょっと郊外の山間部の大自然の中でなんです!

バイクショーと言ったら屋内のイメージが今回でぶち壊されました笑

1

見てください!!
超〜山の麓!!そしてこのバイクの数!!!

2

すごいですよねーカスタムバイクを展示してるのはもちろんなんですけど、みんなバイクで会場にやってくるから

バイクだらけ!!!数えきれないけど多分4000台〜5000台くらい来てたんじゃないかな???

会場の物販スペース兼バイク展示はこんな感じ。

3

4

もう会場中にバイクが溢れてて、自由にやってーみたいな感じでとってもフリーダムな空間でした笑

とっても広い会場、当然いろんな催し物があります。

5

ライブステージなんて当たり前ですね笑

6

スケボーのランプも!!

7

蛇使いのおじさんも!!!

8

デッカイおっ●いも!!!!!!これビールサーバーです笑

このまま書き続けるととっても長くなってしまうので続きは次回にしたいと思います!!

でわ来週お楽しみに!!

 


前回の冒頭でもお伝えさせて頂いたが、僕たちSTUMPTOWNのスタッフは
全員が自他共に認める 『 ブーツ馬鹿 』 だ。どうぞ笑ってやってくれ。
そんなに毎日ブーツについて何を考えているのかというと
決まってこの時季になるとブーツの新調を考え出す者が多い。
それはこの時季から履き始める、もしくはオーダーすることで
ブーツのハイシーズンとなる秋冬には程よく馴染んだブーツを履けるからだ。
だが値段、モデル、ラスト、革、ソール。。。あれやこれやでそう簡単に新調出来る代物ではない。
WHITE’SBOOTSのカスタムオーダーともなれば、尚更だ。
今回はそんな、悩んだ末にシンプルながらもスパイスを効かせた
スタッフたちのカスタムブーツを2足ご紹介しよう。

まずはこちら。

B3AF0609-782D-410C-94A0-F45D351BAF0C

細かい事を言うとこのSMOKE JUMPERはカスタムとは言わない。
しかし持ち主の拘りがハンパないのでご紹介させて頂いた。
その拘りはというと、『 NFPA 仕様のブラックラフアウト 』 。
言い換えれば、標準のSMOKE JUMPERのラフアウト(裏革)仕様というわけだ。
※ NFPAをご存知でない方は ( こちら )。
『だってSTUMPTOWNにはこの仕様のストックブーツは置いてないからね。』とのことだ。
当然ながら彼は別に消防関係の仕事はしていない。
きっとなにかこのブーツに貼られているNFPAのタグに憧れがあり
きっとなにかこのラフアウトの野生的な表情が好みなのだろう。
標準仕様が拘りという実直さが彼らしい。
続いての1足は TRUNK SHOW 期間中にしかカスタムオーダーが
叶わない 『 RETRO OXFORD 』 から。
まず何故このモデルのカスタムオーダーは期間限定とされているのかというところからだが
このRETRO OXFORD なる短靴はこちら にもある通り
『 #54 』  という現行のモデルには使用されていない極めて稀有なラストと
これもまた現行のモデルにはないアッパーのパターンとステッチングが施されている。
そんなイレギュラーなモデルのカスタムともなると本国の工場に混乱を招き兼ねない。
そういった意味もあって期間限定とさせて頂いている訳だ。
そんなイレギュラー中のイレギュラーなカスタムシューズの出来栄えがこちら。

76A9A1E1-4835-4D12-B198-ED2E5378E929

このモデルの定石だとキレイ目のドレスレザーやフレンチカーフ
または透明感ある艶のウォーターバッファローが人気どころだが
まさかのバイソン。荒々しい。。。
が、この荒々しいシボ感とダブルのソールステッチのボリュームが
マッチして古いワークシューズらしさも存分に引き出せているようにも見受けられる。
彼の不思議な感覚と拘らないという拘りがこのシューズを生んだのだと思う。
今回ご紹介させて頂いた2足を見ていると、存分に悩んで拘ろうと思う反面
そんなに悩まなくても良いのではないかとも思う。
きっとこの『 もう少し悩もうか、もう悩まないか 』 の葛藤が
手元に届く前と届いた後のブーツライフを充実させるのではないだろうか。
。。。と悩んでしまう。。。
なにはともあれ7月はSTUMPTOWNへ。

※SMOKE JUMPERは横浜店、RETORO OXFORDは渋谷店に
展示しております。


ts1807_main

Custom Made

〜ONE AND ONLY〜

2018.7/7(土)〜2018.7/22(日)の16日間、WHITE’S BOOTS カスタムオーダーの受注会を開催致します。
期間中、オーダーをご成約頂いたお客様にはささやかではありますがプレゼントもご用意しております。

ts1807_img01

期間:7/7~7/22
開催場所:STUMPTOWN 渋谷店、横浜店
STUMPTOWNでは常時WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーを承っておりますが、
定期的に“TRUNKSHOW”と銘を打って特典や変わったオプションをご紹介しております。
期間中カスタムオーダーをご成約のお客様には、WHITE’SオリジナルTシャツやシューズアクセサリをプレゼント。
また仕上がり後の納品時には、ご自宅への配送サービスも致します。

ts1807_img02
ts1807_img03
TRUNK SHOWに関するお問合せやご質問は、こちらまで 03-3477-0658

サイズ選びから、オススメのパーツ、エイジング後の雰囲気などしっかりとアドバイスさせて頂きます。
お気軽に足をお運びください。

What is WHITE'S BOOTS CUSTOM ORDER?

whites_about-s
whites_custom-order-s
whites_particular-s


僕たちSTUMPTOWNのスタッフは毎日、休みの日でも、365日、
欠かすことなくブーツの事を考えている。
周りからはよく『バカ』と言われる。
けど何故か大半のスタッフは褒め言葉として受け取っているようだ。
何故なら馬鹿だから。そう自他共に認めるブーツ馬鹿なのだ。
その証拠に毎年必ず誰か2、3人はブーツを新調する。
だからみんなの家には玄関だけでは事足りず、部屋にも下駄箱がある。
今回はそんなブーツ馬鹿たちが今までにカスタムオーダーした
WHITE’S BOOTSの中からいくつかをご紹介し、来る7月7日から始まる
STUMPTOWN × WHITE’S BOOTS TRUNKSHOW の
参考にして頂ければ馬鹿冥利に尽きるというものだ。

1足目は開催店舗の渋谷、横浜の両店舗で最も多くオーダーを頂いている
SEMI-DRESSからなのだが。。。

8F67F571-F170-4B24-B64B-69B8632679F0

言いたい事はよくわかる。
さぁ一緒に言おう!
『 クセがスゴイっ!!!! 』
しかしあのシンプルさと適度なボリューム感で人気を博している
SEMI-DRESS をここまでイジリ倒すとは。
と思いながらも、しばらく見ているとこの『大クセ』も好感が持てる好配色に思えてくる。
このバランス力の高さはこのブーツの持ち主とSEMI-DRESSが持つポテンシャルの一つと言って良いだろう。
一発目からヘビーに感じている方も多いかもしれないが、ご安心を。
続いての1足は、先日、当HP内の別ブログ、『 SPOKANE TODAY 』 でも紹介された
『 SMOKE JUMPER 』から。

DCA1F294-1C1F-4E5B-9635-D8C6FAFAB111

言わずもがな、WHITE’S BOOTS のアイコンとして永きに渡り
リアルワーカー達の足元を支え続けて来たキング オブ ワークブーツらしい
ボリューム満点なSMOKE JUMPERもハイトを下げ、レザーやソール選びを少しだけ
柔らかで軽めにするだけで、男臭さの中に紳士的な一面も見えてくる。
持ち主の性格が出ているのだろうか。
だとするとこのブーツは絶対にエロさ。。。
もとい、セクシーさも兼ね備えているに違いない。
最後の1足は現在WHITE’S BOOTS社で生産されている数あるモデルの中でも
最古級のモデルと言われている『 PACKER 』から。

BC735282-2F43-437C-800C-8827B941264A

このブーツを始めて見たときに筆者の頭の中では何故か
カブキロックスの『 お江戸~O・EDO~ 』が流れていた。
注目すべきはヴァンプ(甲)とカウンター(踵)に使用されているレザー。
WHITE’SBOOTS社が用意しているエキゾチックレザーの中でも
更に異質な『 シャーク レザー』。そう鮫革だ。
どう異質かというと、魚だから。水に強いから。
それも正解だが、唯一このシャークレザーのみガセットタン以外
すなわち、クォーター(筒周り)とバックステイ(アキレス腱からふくらはぎ)にも
使用可能な程、丈夫な革なのだ。
そんな唯一の革を選んでおきながら、あえてクォーターはクロムエクセルを選び
2トーン仕様にするあたり、持ち主はかなりの『 傾き者 (カブキモノ) 』 だろう。
ここまでで3名の個性的なブーツを紹介してきたが
恐らくはどれも世界に1足のカスタムブーツのはずだ。
STUMPTOWNの店頭には、まだまだ他の馬鹿たちのブーツもある。
が、続きは次回。
次回はもう少し軽めのカスタムブーツをご紹介しようと思うが
皆さんも内に秘めている物(ブーツ)欲を全開にして
秋冬を見据えてみてはいかがだろうか。
※SEMI-DRESSとSMOKE JUMPERは渋谷店
PACKERは横浜店に展示しております。


このたびの近畿地方地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

6月18日(月)朝に発生した大阪府北部を震源とする地震の影響で、関東以西
を中心に配送(日時指定含)の遅延・配送不可などが発生する事が予想されます。

※その他の地域におきましても遅延等の影響が出る場合がございます。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

尚、配送状況の詳細については、ヤマト運輸 各営業所にお問い合わせください。
営業所検索はこちら http://sneko2.kuronekoyamato.co.jp/sneko2/contents/jsp/sn2/ken.jsp?SHF=1


こんにちは。最近家にネズミが出て以来毎日怯えながら生活しているTAIです。

ネズミが出るなんて日本で経験なかったことなので本当に嫌ですねー引っ越したいなー

そんなことは置いといて。。。

工場で面白いブーツを見つけました!!

1

なんじゃこりゃ!!

そ・・・ソールとヒールがえらいことになってますね!!

あと後ろにキティちゃんのシールが見切れている笑

普通のヒールの高さのブーツと比べるとこう!!

2

3

前から見るとこう!!

4

手で持つならこう!!!!

5

さ、そろそろ勢いだけにならないようにしっかりとご説明して行きたいと思います笑

WHITE’Sでは左右の足の長さが違う方のために左右でソールの厚さを違うブーツを作ることがたまにあります。

でも今回のこのブーツは左右同じ高さなのです。
(なんでかなー????もしかしてこのユーザーの方は俺みたいに背がちっちゃいのかな??
これシークレットブーツにはならないくらい目立っちゃうじゃん。。。ん??でも靴のサイズが33センチだぞ・・・このサイズで身長低いってことは考えにくいな・・・)
と不思議そうに眺めてたら、このユーザーの方を知る人が教えてくれました。
なんでもこの方は建物などの内装業をされているらしくて、天井などの作業をするときなどにこの高さのブーツを履けば脚立なしで作業できるんだとか!!!
なるほどー〜ー!!そういうことだったんですね!!

でもこれ履けば天井に手届いちゃうってすげーな・・・俺なら履いても届かない・・・

でもやっぱりこれだけソールに厚みを持たせると重くなっちゃうんじゃない??
ハイ。重いです。
ただ重くなり過ぎないように
前足部にはポリウレタン素材を使っているんですね。
6

よく見ると前足部の積み上げの素材がヒールの革の素材と違うのわかります?

逆にヒールベースはこれでもかってくらい革を積み増してます!!

7

この写真をよく見てもらうとわかるんですが積み上げた革がうっすら層になってますね。
これの数を数えたところ・・・なんと!!普通のブーツの4倍の革が使われてました!

そして最後まで映らないようにしてたハイトの長さがびっくり!!!

8

手を入れたら肩までズッポリです笑

ハイトは19インチありました!!

そりゃ重くなるわけですね笑

WHITE’Sではこのように様々なユーザーの多様なリクエストにこたえてきました。

それに応えてこれるのも、150年近い歴史と経験、揺るぎない技術からなせる技なんだなと思います。

また面白いブーツを見つけたら紹介しますね!!ではまた!!!!


このところ店頭には女性のお客様が増えております。

これまでももちろん多くのレディ達にお越し頂いていて、『雨の日用に履ける靴を』とか、
『旦那の影響でデニムとかブーツが好きで』とか、『今度高尾山に誘われて』とか。

ただこうやってブログのテーマに選んだのは、ちょっと最近のお客様の温度が高めというか…。

『DannerLightをもう何年も履いてるけど、色違いが欲しくて』
『山に行くんですけど、壊れちゃったから新しい登山靴が欲しくて』
『キャンプをよくやるんですけど、それように』
『今までスニーカーで遊んでたんですけど、いい加減限界感じてて』

っていう感じの、我々ブーツ好き・アウトドア好きスタッフも『マジであそこ行くんすか!? 一年中キャンプしてるんすか!? 遊びの域超えてません!?』
と話をどんどん聞きたくなってしまうセミ~プロレベルの(勝手に決めつけてます!)猛者が来てくれてる気がしたもので。

って事で、今回はレディス専用モデルとして今シーズン登場しました
Danner WOMEN’S ADRIKA HIKER(ダナー ウィメンズ アドリカハイカー)を紹介したいなぁと。

このコーナーを読んで下さっている方の多くが男性だと思っているので(悲しいかなデータがそう言ってました)こんな例えですが
普段買い物に街中を走ったり、週末は友達とドライブしたいなぁって方には、コンパクトカーやエコカーが、
ガチで道なき道、山や川、雪の中でも遊びに行きたい って方には、クロカンやRVが、
普段も足として使いたいし、遠出もしたい、けど別にそんなに本格的な所には行きません、でもなんか頑丈そうだし、そんなに早くなくても…って方が増えて
SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)と呼ばれる車が人気だそうです。クルマ業界は。

話は全然それてしまいましたが、このアドリカハイカーは、少しSUVっぽいブーツなんじゃないかなと思うわけです。
もしかしたらビジュアル的に、ストリートのファッションアイテムでは無いかもしれません。ランニングのような走るスポーツにも向かないかも知れませんが、
ちょっとした悪路から、登山道、長時間の散策、汚れそうなシチュエーションにもばっちり対応してくれるんです。
レトロで少し男前な顔立ちですが、すごく軽いんです。

本格的な山登りには更に上のスペックのブーツがありますが、

普段うちに来てくださるお客様をはじめ、フェス、デイハイク、キャンプ、釣り、といったアウトドアを楽しまれる方にはすごくオススメです!

IMG_1477もともと女性用のトレッキングシューズとして作られているので、
足首をしっかりとサポートしてくれるミッドカットのアッパーには、撥水性のあるピッグスキンを使っており、
足あたりも柔らかく、屈曲性もありながらしっかりとホールドしてくれます。

IMG_1471
ライニングにはDanner® Dry(ダナードライ)という防水メンブレンを使っていますので、通気性を保ちながら、靴下が濡れて不快、なんて事はありません。
オルソライトのインソールに、程好くクッション性のあるミッドソール、アウトソールはあらゆる方向にグリップの効くアドリカソールといった足回りはほんとに安心感があります。
重量も非常に軽いので、長時間の登山でも苦にならないと思います。

もちろん登山以外のシーンでも。

キャンプに行ったらいつの間にかにテントが張られてて、いつの間にかご飯が出来てて…っていう姫もいらっしゃるでしょうけども、
荷物を運んで、ペグを打って、薪を運んで来て、炊事場に野菜を洗いに行って…となにかと動きまわりますよね。
場合によっては足場はゴロゴロした川原、ぐちゃぐちゃした土だったり。
でもそんなところで遊ぶから、ビールやご飯や美味しかったり、非日常的な時間がストレス発散になるんですよね~

IMG_1473

家族と川や湖に行って、釣った魚はそのまま夕飯に食したい。
気の合う友人と鳥の声を聞きながら、山菜やきのこを採りに行く。
フェスに行って夜はテントを張って音楽を聴きながらお酒を楽しみたい。
そんなシーンにいかがでしょう。

参考までに重量も測ってみました。
ADRIKA HIKER ・・・380g (片足、US6 約23cm)

どんな重さかっていうと○ンバース オールスターで340g、同じダナーのW’s Danner Feildで565g です。

IMG_1487
IMG_1484
IMG_1466

靴に対して何の心配もなく安心して遊べるって結構重要だと思ってます。

メンズは出ないのだろうか…

真剣に履いてみたいと思っております。

これを読んで下さった殿方、
アクティブな奥様、ガールフレンド、お友達にご紹介してみて下さい