WHITE’S BOOTS CUSTOM ORDER  TRUNK SHOW(受注会)
7/10(金)~7/26(日)の日程にて開催させて頂きます!

page-01今回のTRUNK SHOWの目玉は、
クロムエクセルレザーのオプション料金5,500円(税込)を
なんと!トランクショーの開催期間中
無料にてお承り致します!

更に!TRUNK SHOW期間内カスタムオーダーをご成約のお客様には、
WHITE’SオリジナルTシャツをプレゼント致します!!

↓詳しくはこちらです!
https://www.stumptownjapan.com/topics/12527/

 

それにちなんで、今回のブログはクロムエクセルレザーに
オススメのケア用品をご紹介させて頂きます。
IMG_5047[1]サフィール ユニバーサルローション(汚れ落とし)
スムースレザー(表革)全般に使用出来るビーズワックス、ホホバオイル配合のマイルドローションです。
汚れを落とすと同時に栄養と柔軟性を与え、乾燥による劣化やひび割れから守る効果があります。
.

IMG_5048[1]コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス
皮革への浸透力が高いシーダーウッドオイルとラノリン等の天然オイルをブレンドした最高級栄養クリームです。
バランスの良い配合による高い栄養効果から、クリームが皮革内部へしっかりとゆきわたることで
微細な皮革繊維に柔軟性と潤いを与え、皮革の表面には深みのあるしっとりとしたツヤが生まれます。
さらにフッ化炭素樹脂が撥水効果ももたらします。
.
筆者は、サフィール ユニバーサルローション(汚れ落とし)コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス
約5年ほど、クロムエクセルレザーの靴に愛用しております。
STUMP TOWN渋谷店と銀座店、または、STUMP TOWN ONLINEで販売しているので、試してみて下さい!
.
さて、ここからは筆者流のお手入れ方法とその魅力についてお伝えして参ります。
お手入れするブーツはこちらです。

IMG_5035[1]☝SEMI DRESS
ブラッククロムエクセルレザー仕様
 着用歴5年
最近はお手入れがサボりがちだったので光沢はなくなり、汚れがかなり目立ちますね….
本来の美しい姿を取り戻すことは出来るのでしょうか…

.
まずはじめに馬毛のブラシで軽い汚れやほこりなどを落とす為、ブラッシングしていきます。

IMG_5039[1]

.
全体的にブラッシングしたら、サフィール ユニバーサルローションを柔らかい布に塗布し、よごれを落としていきます。

IMG_5069[1]

.
汚れを落として約10分ほど乾かしたら、次はコロニル 1909 シュプリームクリームデラックスを柔らかい布に塗布し、全体的に塗っていきます。

IMG_5073[1]

.
全体的に塗り終わったら、仕上げ用ミットで表面を軽い力で磨きます。

IMG_5080[1]

.
意外にもお手入れはこれだけです。
難しい事はなにひとつ御座いません。
では仕上がりをご覧下さい。

IMG_5083[1]

.
いかがでしょうか。
作業時間は諸々の乾燥時間も含めても約30分といったところです。
BEFORE(右足)とAFTER(左足)の比較の画像を撮ってみました。

IMG_5046[1]

見事にあの頃の美しさを取り戻せた。と言うよりかは
むしろ、文字通り磨きがかかって、あの頃よりも美さが増したとさえ感じます。
クロムエクセルレザーは非常に表情が豊かな故
お手入れ方法によっても大きく表情を変えるレザーです。
お手入れ方法に正解は御座いません。
既にクロムエクセルレザーのブーツをお持ちのオーナー様も
これから所有される方も、簡単なお手入れ方法の一つですのでご参考にしてみて下さい。
ではまた。


こんにちは。TAIです。
僕が住んでいるSPOKANE(スポケーン)も少しずつ公園やお店が開くようになってきました。
まだまだ元通りではないですが、WHITE’S BOOTS社も職人一同、力を合わせてがんばっております。
でもまだまだ予断は許されないので出来るだけ外出はできてません。
本当はSPOKANEの最高な夏の始まりの様子なんかをお伝えしたいんですが、今しばらくは無理そう。。。
そこで今回はちょっと今までにスポットを当てていなかった革を紹介したいと思います!!

1ホーウィーン社のクロムエクセルレザー!!
ホーウィーン社のクロムエクセルって言ったらもうWHITE’S好きな人なら、もう御用達の革でしょう。
革はやわらかくて足なじみのスピードも早いし、見た目もとってもかっこいい!
カラーバリエーションも種類も豊富だし
アメリカでも人気です!
その中で今回はこの色にスポットを当てます。

3

ネイビーです。
一瞬、ブラックじゃないのコレ?って思いますよね。分かりづらいのもそのはず。
まだカットする前でオイルたっぷりだから色がだいぶ濃い状態なんです。
ブラックと並べると少し見やすくなるかもしれません。

4

指で裏から押してみるとオイルが移動して色がでてきたりするんですけど、製造過程でもまだカットする前と完成した後の革でも色がだいぶ変わってくるんですよね。

5

他の革のネイビーと違ってこのクロムエクセルだと味わい深くていい感じです。
このネイビーってこんなにいい色なのに、他の色に比べると存在感が薄い。。。
確かにネイビーって色はブーツにはなかなか想像しづらいし、コーディネートも難しそうな印象ですよね!
そこで日本の皆さんにもっとネイビーの良さを伝えるために、ぼくが今まで工場でみつけた「おっっ、かっこいいこれ。」
って思ったものを紹介していきます!!

6

まずは初級編。

7

すべてのパーツのカラーをネイビーで統一した比較的にオーソドックスなカスタムです。

8

さらにエッジカラーをBROWNではなくBLACKにするとまた印象が変わりますね!
続いて中級編

9
10

クオーターにネイビーを使用してるんですけど、きっと普通の丈のパンツを履いたらネイビーのクオーターは見えにくいと思うんですよね。
ただ脱いだとき、もしくは歩いているときにチラッとさりげなく見えたときのことを想像してみて下さい。
あんまり主張しすぎず控えめな感じでかっこいいですね。
そして上級者編!!

11
12

中級編とは違ってネイビーを強調させようと目立つ場所に配置しているSTRONG STYLEです!!
さらにもっとネイビーを強調するカスタムスタイルがこちら! ↓

13

14

続いては個人的に1番好きなNAVYを使ったカラーバランス。

15

ヒールとトゥキャップだけにネイビーを使用しているんですけど同じくクロムエクセルのナチュラルとのバランスがなんとも素敵。
秀逸です!!

16

いかがでしたでしょうか。
少しでもネイビーの新たな魅力をお伝えできればと書いてみましたが
カスタムオーダーを考えている方や、ブラックやブラウンに飽きちゃったなんて方にもおススメです!!
ではまた!!


前回のブログでもお伝えしておりますが、

WHITE’S BOOTS CUSTOM ORDER  TRUNK SHOW(受注会)

7/10(金)~7/26(日)の日程にて開催させて頂きます!

page-01今回のTRUNK SHOWの目玉は、

クロムエクセルレザーのオプション料金5,500円(税込)を

なんと!トランクショーの開催期間中

無料にてお承り致します!

更に!TRUNK SHOW期間内カスタムオーダーをご成約のお客様には、

WHITE’SオリジナルTシャツをプレゼント!!

.

↓詳しくはこちら!

https://www.stumptownjapan.com/topics/12527/

.

それにちなんで、以前に公開させて頂いておりましたブログを再アップさせて頂きました。

初めてWHITE’S BOOTSカスタムオーダーをご検討の方には必見です!

.

↓(2016.7.11アップ)

そもそも、WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーとは?

ホワイツ

多くのブーツメーカーがそうであるように、トレンドを意識したり、ファッション色が強いシューズブランドでなければ、展開しているシューズのデザインの種類は、そうそう多いモノではありません。
まして、ワークブーツのメーカーとなれば、シーズン毎に新たな色を作ったり、素材を変えたり…

よっぽどの事が無ければ現実的ではありません。
WHITE’S BOOTSもしかり。工事などで重機を扱う方々、農作業に従事される方々、警備に、立ち仕事に…

ユーザーの多くはリアルワーカー達です。代表的なモデルでもある『SMOKEJUMPER』も文字通り、森林警備隊に属する消防隊が着用し、山火事が発生した際にヘリコプターから現場に降り立つ為のスペックになっております。それだけ、頑丈な作りと機能が備わっており、100年以上の長い歴史の中でその信頼性は現在にも変わる事無く続いているのです。
カウボーイやホースマンの為のブーツ、バイカーなどの要望から作られたブーツ…確かな作りと歴史が数種の名作を生み出してきました。

IMG_2655

※一部仕様変更したモデルもございます。

非常に手間と技術を要する作り方で、一つ一つのパーツや素材、それらを使って靴にする為の道具や機材も昔ながらのモノばかり。

1足1足を、各部門のスペシャリストが誇りを持って作り上げていきます。

当然ながら量産なんてものは考えられません。
そのような背景があるからこそ、1客1客の要望に応える“カスタムオーダー”の仕組みが生まれたのです。
出来上がりのサイズや仕様で供給できるならば、それに越したことは事はありませんが、場合によっては命の危険に直面するユーザーが相手です。また、カウボーイたちにとって衣装に、個性的な装飾やこだわりを施すのも伝統的なことでした。“ここをもっと頑丈には出来ないモノか、もう少し丈を長く、色を…。必然でした。

長くなりましたが、カスタムオーダーは“ゼロ”から作れるわけではありません。いわゆるセミオーダーというモノでしょうか。

IMG_2656

※一部欠品中の革もございます。

①数種のモデルから好みのものを選ぶ。

②デザインの変更(高さ【ハイト】や、つま先の装飾など。モデルによって変わります。)

③使用するレザーを場所ごとに選ぶ。

④ソールの種類を選ぶ。

⑤金具の色や、シューレースの種類を選ぶ。

⑥木型【ラスト】を選び、ご自身のサイズを決める。

ざっくりとですが、こんな感じのステップで進んでいきます。初めてだと、戸惑うかもしれませんし、慣れた方でもかえって迷ってしまうかもしれません…。

それぞれのモデルにはベースの金額があり、ベーシックな内容であれば『プラス料金』不要!

ハイトを伸ばしたり、特殊な革、仕様の変更によって別途料金がかかるモノも御座います。

そもそも『カスタムオーダー代』が掛かるんでしょ? ってお話を聞くことがありますが、そういったものはありません!

店頭やWEBにあるものと全く同じ仕様であれば、カスタムオーダーで作ろうが同額です。

納品までは約3か月~4か月。(大幅に変更がある際は、個別に御連絡差し上げます。)

興味がある方は是非、サイト内のカスタムオーダーページをご覧ください。シュミレーションだけでも、相当時間をつぶせます…。
わからない事や、気になる点などがあれば、店頭または電話やメールでもご案内致しますので、お気軽にご連絡下さい。

.

皆様のご来店、STUMPTOWNスタッフ一同心よりお待ちしております。


なんでだろう・・・・

この時期になると無性に新しいブーツが欲しくなる….

通勤中・仕事中・睡眠中?、常にブーツの事が頭から離れない…

まさに、ブーツ中毒者ですね!(笑)

.

以前のブログ(WHITE’S BOOTSが大好きな私)で紹介させて頂きましたが、

いろんなブーツブランドの中でも一番好きなのはWHITE’S BOOTS!

「やっぱり、次のブーツもWHITE’S BOOTSでしょ!」

決まり文句になってしまっている。

周りからは「キモイ」・「馬鹿」・「変態」などよく言われます。

褒め言葉にしか聞こえない!(笑)

.

今回はそんな筆者がWHITE’S BOOTSが所有するレザーの中で、

個人的に一番オススメのレザーを紹介致します。

それは↓こちら!

IMG_E4879IMG_E4878

アメリカの有名なタンナー ホーウィン社クロムエクセルレザー!!!

世界をはじめ、日本においても評価の高いレザーです。

牛脂、蜜蝋、植物性脂,魚脂などの計4種類以上の油脂をブレンドした特性オイルを浸透させた牛革。

柔軟性・耐久性など非常に高く、更に経年変化が楽しめるのでとてもオススメなレザーです!

↓自身がカスタムオーダーで作ったネイビークロムエクセルレザー×ブラッククロムエクセルレザーの2TONE OXFORD(約3年着用)です!

IMG_4866
いかがでしょう!?

つま先のキズ、茶芯が出ている所が個人的にたまりません!(笑)

クロムエクセルレザーの経年変化の参考にして頂ければ、幸いです。

.

 さてさて、何故今回こうして改まってクロムエクセルレザーのご紹介をさせて頂いたのかといいますと、、、

.

.

.

STUMPTOWNにて毎年開催させて頂いている

WHITE’S BOOTS CUSTOM ORDER  TRUNK SHOW(受注会)

7/10(金)~7/26(日)【17日間】の日程にて開催させて頂きます!

page-01

.

そしてそして、、

.

.

.

今回の目玉は、、

.

.

.

なんとなんと、、

.

.

.

そうなんです!WHITE’S BOOTSでクロムエクセルレザーを使用したカスタムオーダーをする際に、

通常5,500円(税込)が追加料金としてかかるところを、、

なんと今回上記トランクショーの開催期間中

無料にてお受けさせて頂きます!

↓詳しくはこちら!

https://www.stumptownjapan.com/topics/12527/

.

更に!TRUNK SHOW期間内カスタムオーダーをご成約のお客様には、WHITE’SオリジナルTシャツをプレゼント!!

DSC_0963

.

是非、WHITE’S BOOTSカスタムオーダーを検討されている方、興味のある方この機会にどうでしょうか!?

皆様のご来店、STUMPTOWNスタッフ一同心よりお待ちしております。


page-01

Custom Made

〜ONE AND ONLY〜

期間:2020.7.10(金)~2020.7.26(日)
開催場所:STUMPTOWN 渋谷店、銀座店

STUMPTOWNでは常時WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーを承っておりますが、
定期的に“TRUNKSHOW”と銘を打って、特別な受注会を開催しております。

今回の受注会の目玉は、↓こちらです!!

page-02

TRUNKSHOW期間内のみ、クロムエクセルレザーのオプション料金(¥5,000-)が無料になる特別受注を実施致します!
経年変化を楽しめるレザーとして本国アメリカをはじめ、
日本においても評価の高いホーウィン社クロムエクセルレザー。
カラーはブラック、ブラウン、バーガンディ、ネイビー、ナチュナルの5色。
全てのモデルに使用可能です!

また、仕上がり後の納品時には、ご自宅への無料配送サービスも承りますので
遠慮なくお申し付け下さい。

page-03
page-04

更に!TRUNK SHOW期間内カスタムオーダーをご成約のお客様には、WHITE’SオリジナルTシャツをプレゼント!!

page-06
page-07

TRUNK SHOWに関するお問合せやご質問は、こちらまで 03-3477-0658
サイズ選びから、オススメのパーツ、エイジング後の雰囲気などしっかりと
アドバイスさせて頂きます。お気軽に足をお運びください。


1163-697

自然の造形の中から生み出されたディティールを融合したデザインが特徴のFLOWERMOUNTAINと80年以上の歴史を持ち、
革新的な機能で成長し続けているDANNERのコラボレーション第3弾が登場。
伸縮性と通気性に富んだ「ハニカム形状」をモチーフに制作されたアッパーのメッシュ素材が特徴で、
快適性に優れた包み込むようなフィッティングを実現。
サンダルと靴のメリットをピックアップしたデザインとアウトドアテイストなアウトソールが融合したシューズ。

item_logo1

Danner × Flower Mountain

D822002 M.MAZAMA

spacer
60010700021

OLIVE
¥22,000+tax

60010700011

NAVY
¥22,000+tax

60010800021

BEIGE
¥13,000+tax

60010800031

GRAY
¥13,000+tax

60010800011

NAVY
¥13,000+tax


清少納言は言いました。
「夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる and so on…」
一言でいうと「夏はやっぱり夜がいいよね」ということらしいです。

しかしこれはあくまで風流な大人の女性代表である清少納言的解釈に過ぎず、
我々少年少女のわんぱくな心を持った大人たちからすればむしろ、
「夏は昼。晴のころはさらなり、木陰もなお、涼しき風の吹きちがひたる and so on…」
と言う訳で御座います。

そんな少年(大)の『夏』というイベント性を最大に演出してくれるものと言えば…
そう、サンダルですね。

というわけで今回のブログの本題へと参ります。
昨年Dannerから新たにリリースされ、大人気を博した「MIZUGUMO」シリーズ。
抜群のクッション性と癖のないルックスから、性別・年齢・シーンを問わず活躍してくれるサンダルです。

MIZUGUMOの履き心地や使用感については過去のこちらのブログをご覧ください
https://www.stumptownjapan.com/recommend-and-works/10443/

今回はそんな「MIZUGUMO 」シリーズに、今年から新たに加わった新色たちをご紹介していきたいと思います。

まずはこちら
DSC_0886MIZUGUMO SLIDE D823001 『OLIVE』

アウトドアブランドらしい無骨さを残したカラーリングが人気の『OLIVE』。
昨年同MIZUGUMOシリーズの鼻緒タイプ「MIZUGUMO FLIP」のカラーラインナップにありながら、
「MIZUGUMO SLIDE」には存在せず、要望の多かったカラーが満を持してラインナップに追加。
まさに性別、年齢を問わず履いて頂ける今年の代表的カラーとなっています。

お次はこちら
DSC_0869MIZUGUMO SLIDE D823001 『CAMO』

ありそうでなかったカモ柄。
カモ柄のサンダルと聞くと、いかにもアウトドアって感じでコテコテのものを想像してしまいますが…
こちらはポップなパターンとパステルな色合いでタウンでも使いやすい一足。
調べてみるとどうやら「スポット迷彩」と呼ばれる迷彩パターンの一種らしく、
実際にカムフラージュ効果がある迷彩らしいです。
街中でのカムフラージュ効果は期待できませんが、足元をカジュアルに彩りたい方には是非オススメです。

さて続いてまいりましょう
DSC_0880offMIZUGUMO SLIDE D823001 『PURPLE』

前述した2色とは180度雰囲気を変えてきました『PURPLE』です。
ビビットなパープルというよりかは少しパステル調なパープル。
あまり見かけない色です。
が、実はこいつが名役者。
モノトーンなスタイルと合わせれば少しモードでストリートなアーバンスタイル、
ひとたびアウトドアへと繰り出せば、そのアウトドアという非日常性を最大限に演出してくれます。
シリアスな役からコミカルな役まで幅広くこなすサンダル界の名役者『PURPLE』オススメです。

そしてラストはこちら
DSC_0887MIZUGUMO SLIDE D823001 『LT.GRAY』

『LT.GRAY』という名の『WHITE』いやむしろ『PURE WHITE』
真っ白です。
これまで紹介したどの色よりもインパクトはあるかも知れません。
もちろん白色ですので可能性は無限大。あらゆるスタイルにマッチします。
「カラーバリエーションが多すぎてどの色にしようか迷ってしまう」
なんて方には是非一度チャレンジして頂きたい一足です。

さてはて今回はDannerが誇る夏の名作『MIZUGUMO SLIDE』の
新色たちのご紹介でした。

今年の夏は家族でキャンプへ。
友達とアウトドアへ。
夏フェスソロ参戦。

というのは難しいかもしれませんが、
日常にちょっとした夏を取り入れてあげるだけで、
少し前向きな気持ちになれるかもしれません。


今年もこの時期がやって来ましたね、、、【梅雨】。
別名【五月雨】とも言うみたいです。
春夏秋冬のある日本にとって梅雨も大事な時期である
という事は十二分にわかっているつもりなんです。
だけど、、、やっぱりどうも気分が乗らないですよね。
言葉で表すのならば、、、【モヤモヤ】
皆様にもこの時期モヤモヤな気分になる方、多いと
思うんです。

そこで我々STUMPTOWNONLINEでは、日頃よりご愛
顧頂いている皆様に感謝の意を込め、この時期のモヤモヤ
を吹き飛ばしてもらいたく、こんなスペシャルなセール
を開催してます。
94899AC8-73DD-4D04-A016-E0C21BF3A5DCここでそんなモヤモヤも喜んで吹き飛んで行ってくれる
スペシャルプライスな商品を一部ご紹介。

D679B87B-4A99-41B3-94F5-7113EDCA5406
Danner 33803 EXPLORER BURGUNDY ¥28,000+税
↑↑商品詳細はこちらから↑↑
0617621F-2068-479C-96AA-FEF4D7F8C97A
Danner  D216900 RUGGED 3EYE CS S/NAVY ¥12,000+税
Danner  D216900 RUGGED 3EYE CS S/CAMEL ¥12,000+税
Danner  D216900 RUGGED 3EYE CSS/BLACK¥12,000+税
↑↑商品詳細はこちらから↑↑
AC10DE1F-7445-4D15-9FAE-6CDC16702939
REDWING 9215 FOREMAN CHUKKA BRIAN OIL SLICK ¥25,060+税
REDWING 9216 FOREMAN CHUKKA BLACK HARNESS ¥25,060+税
↑商品詳細はこちらから↑↑
CBF6EB8C-E3C6-42EC-91B7-66B2F797A02A
CHIPPEWA 1901M36 5 BRIDGEMEN LACE-TO-TOE SAND SUEDE ¥18,500+税
↑↑商品詳細はこちらから↑↑

どうでしょう?
吹き飛びましたでしょうか?
モヤモヤの奴もこれで晴れるのであれば本望だと
思うんですよね。

最後に
緊急事態宣言中、【STAY HOME】で忌々しいウイルスと闘って
くださった皆様と、今でも最前線でウィルスと闘ってくださっている医療従事者
の皆様には感謝に堪えません。

先日、緊急事態宣言が解除されました。
ですが、まだまだ油断は出来ません。
近い将来必ずくるコロナ消滅に向かって今後もより一層の注意を
払っていきたいですね。

コロナ消滅の暁には、また皆さまとあーでもない、こーでもない
とブーツ談義に花を咲かせられたらなぁと思ってます。
それでは。


こんにちわーTAIです。

ここ2ヶ月ほど家とWHITE’S BOOTSの工場とスーパーの3箇所以外、
本当にどこにも行ってないので
なかなかここのブログのネタづくりに苦しんでおります。。。

なにか書くことないかなーって過去の自分の記事を見てみてたら、
このブログを書き始めてもう4年半も経ってるんですね!!

もうだいぶいろいろなこと紹介してきたんですけど、
そういえばこれのこと紹介してない!!って気づいたものがありました!!!!

1

これ!!なんだかわかりますか?

FALSE TONGUE(フォルスタン)って言います。

WHITE’S BOOTSを買っていただいた方なら分かると思います。
箱の中にシューレースと一緒に入っていますよね。
(一部モデルには付いてません)

これはシューレースを通してこんなふうに装着するものなんです。

2

今さら??!!って感じですよね笑

でも意外にこのフォルスタンの本当の意味、役割
って知られてないんじゃないかなって思うんですよね。

どうやらこのフォルスタンについて
いろいろな情報が錯綜しているみたいなんです。

よく日本で勘違いされてるのはフォルスタンは
『泥除け』っていうふうに言われたりします。

泥除けか~・・・

泥除けってナニ??

よく考えてみると意味がよくわからない。。。

一体なにを泥からどうやって守ってるのか??なぞですね笑

次によく言われているのは
『飾り』

3

これフォルスタンを付けてるのと付けてないの並べると、
もちろん見た目が違うから飾りなんじゃ??って思いますよね。

この飾りって説に関しては一概に全否定できないんですよね。

飾りの意味で付けても全然OKだと思いますし、
その意味も十分なしてると思うんですよね。

でもほんとのほんとの役割は
『タンの部分のダメージ除け』なんです。

タンの部分の革っていうのは他のパーツの革に比べてかなり薄くしているので、
シューレースとの摩擦でタンにダメージが重なって穴が開いちゃったりすることもあるんですよね。

4

ちょっとわかりづらいかもなんですけど写真の
黒い革がタンに使われる薄い革で
茶色い革が他のパーツに使われる革。
厚さが約半分くらい違うんです。

普通にブーツを脱ぎ履きする時に
シューレースを結んだりほどいたりするだけで穴が開くわけじゃなくって、
同じ箇所にピンポイントで摩擦がかかっちゃうと穴が開くかもしれないってことです。

5

赤く○してるところが一番あぶないところなんです。
アイレットにラウンドのシューレースを通してきつく結ぶと、
タンとクオーターの革に挟まれたシューレースが

薄いタンの革との摩擦で穴を開けちゃうこともあるんですよ。

6

ほら

7

こんなふうに。

まぁこれくらいブーツがボロボロになるくらい履きこまないと
なかなか穴なんて開かないんですけどね笑

8

それをこうやってフォルスタンを物理的に1枚かませることによって
タンへのダメージを抑えてるんですね。

以上がフォルスタンの本当の意味なんです!!

って断定されちゃうと、
「じゃあこの先っぽのギザギザはなんなの?」って自分で思いました。

だからカッティングの師匠に聞きに行ってきたら。。。

「ギザギザの意味??知らね笑、飾りじゃね??」

9

って言ってました笑

まぁそんなことは気にするなってことですね笑

言いたいことがよくわかんなくなってきちゃったんですけど、
毎日がっちり長時間履くような方じゃなければ、

見た目の好き嫌いで選んで全然いいですよね。
ちなみに僕は仕事用以外は付けない派です。

どうでもいいですよね笑

でわまた!