こんにちは〜TAIです。
日本の皆さんはゴールデンウィークでしたよね?
羨ましいです・・・
アメリカにはゴールデンウィークは存在しないのです・・・いたって普通の1週間です。
いいなーなんてスマホをいじってたら大谷選手とイチロー選手の日本人対決があるかもーみたいな記事を発見。
場所はシアトル・・・日曜日・・・試合時間は昼スタート・・・大谷選手が先発するかもだと?!・・・こりゃーいくしかないな!!!
行くか!!シアトル!!
車で片道4時間の日帰り!往復で8時間!!
メジャーリーグを見に!!
1

ということで行ってまいりました!!
ここはシアトル・マリナーズのホームスタジアムのセーフコ・フィールド。
いやー野球全然な僕でもテンション上がりましたね!

2

ミーハーな僕は近くの大谷選手の方のキャップを買って行きましたけど、やっぱりワシントン州民として、マリナーズ被っとくべきだったか。
でもそんなの気にしねえ!!
早速球場内へ!

3

球場内にイチロー選手コーナーが!!写真撮ってたら近くを通りすがったおばさまに
「あなたなんでエンジェルスのキャップかぶってんのにイチローと写真撮ってんのよ!」
「うっっ・・・に、日本人だからいいんだよ!!」
やっぱりホーム意識の強い人いるんだなーでもそんなの気にしな〜い笑

4

試合が始まるまではやっぱりこれですね!

5

ビーール!!とポップコーン!
ビールのお値段なんと13ドル!!!ポップコーン8ドル!!!
合わせて21ドル!!!!!
これは気にする!!高えぇええ!!
でも美味しいーこういう雰囲気で飲むのはやっぱり特別な感じで最高ですね笑

6

大谷選手キターーーーーー!!
アウエーなのに結構な声援もらってました。それもそのはず日本人ファンほんとにたくさんいましたね。
体感だと10分の1くらい日本人じゃない?って感じでした。

7

8

すごい!!素人の僕から見てもものすごい速さの球投げてます!!

9

いやーかっこよかったですねー大谷選手大活躍でしたね!!
イチロー選手が出なかったのは残念でしたが、来シーズンにまた日本人対決期待したいですね!
試合見終わってから、思い出したのですが・・・
「あ・・・またここから4時間運転だ・・・しかも明日仕事だ・・・」
テンション超下がりましたが、シアトルにある山頭火でパワーチャージ!!!

10

朝6時にスポケーンを出発して、シアトル着いて試合見てラーメン食べてすぐ帰って、夜10時。
試合とラーメン以外何もしてませんが最高の1日でしたね!!
ではまた!!


C3592F14-E831-4275-BE22-E35B35C48ED5

筆者が所有しているMt.Light。
ヴィンテージ好きの方から見ればなんて事ない
つい最近まで店頭に並んでいた
もしくは今も店頭に並んでいる所謂、現行モデルだ。
これは現役のギアとしての価値に重きを置く筆者が一番に拘るところ。
なぜMt.Lightなのか?と言うと理由は山ほどある。Mt.Lightだけに!!
だが全部となると書くのも、読むのも嫌になると思うので、ここでは軽めに。Mt.Lightだけに...
...で、どこが好きかと言うのは箇条書きでご覧頂こう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. ハイトが5インチだから足首周りの開放感があって好き。
2. オールレザーのアッパーが馴染んだときのフィット感が好き。
3. クラシックなマウンテンブーツのフォルムが好き。
4. 甲の機構で履き口が大きく広がって着脱が楽(な方)なのが好き。
5. 以上の理由から1年中活躍してくれるところが大好き。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と、こんなところだろうか。
GORE-TEXだから防水で蒸れにくい、Vibramソールで滑りにくい
などの説明はギアとして当然の機能なので 5 にまとめて説明は省略させて頂く。
で、だ!
5に関しては筆者が思うに、このMt.Lightというブーツは夏に活躍しがちだ。
そんなバカなと言われるのは分かっているが、それを踏まえて説明しよう。

1つ目03F082DA-FB19-4DF8-B8D7-AE02484941E6

左のDannerLightのハイトの設定は6インチに対して
右のMt.Lightは5インチと約2.5cm低くなっている。
この2.5cmを侮ること無かれ。
足は第二の心臓と呼ばれ、一般的にはふくらはぎの事を指す。
血液循環のポンプの役割もあるそうだ。
ならば少しでもそのポンプ周りは開放的であったほ方がいいはず。
まぁムズカシイ話はさておき、履き比べるとすごくラクというのが本音。

2つ目
01677646-5467-45E0-8F84-78956F3AFAC0

右側が愛用中のMt.Light。
新品と比べると一目瞭然だが、もう形はベツモノ。
多分このブーツは筆者以外の方が履くと例え同じサイズ、ワイズの方だとしても
履きにくさを感じると思う。これは他のブーツでもある事だが、特にこのMt.Lightのような
アッパーのパターンのブーツほど顕著に足の形通りに馴染む。
一番の要因はアッパーに使われている革の数が3枚しかないから。
踵からグルっと一周して踵まで1枚と踵に1枚、そして甲の裏側にガセットとして1枚。
このシンプル且つ大胆な設計が革の靴下のような極上のフィット感に繋がるのだ。
しかもオールレザーだから手入れもラク。

3つ目
F9C56700-EB04-4F30-ADEB-B398A7886BF0

これは単純に好みの問題なのだろうが、DannerLightには無い
このドッシリとしたクラシックなマウンテンブーツのシルエット。
なのに実はハイスペックな機能がギッシリというギャップがたまらない。
そこに一目惚れしたのを覚えている。もう10数年前のことか...
ブーツにウツツを抜かしている場合では無い気もしてきた...

4つ目
19B66A01-87DB-4661-B175-42B6C3F0EBB4

これはブーツの脱ぎ履きが苦手な方にもオススメの構造。
本来の目的は折りたたむ事により、水、泥、砂などが
靴内部に侵入する事を防ぐ事が狙いなのだが
紐をアンダーラップで通せば、紐を解いてベロを引っ張るだけで
こんなに開く。で、このまま次回履く時まで放置。
+アルファで紐による甲部の締め付け感も軽減出来ている。

本当はもっと細かいディテールでも好きなところがあって
個人的にはマイナスの付けどころがない、ほぼ完璧なブーツだ。
でもまぁ個人の感想をダラダラと書いたところで、百聞はナントカなんて言うし
そろそろ喉と肝臓も渇いてきたしってことで、興味を持ってくれた諸兄諸姉は
是非、今シーズンからの新メンバー候補に。


ts1804_main

Custom Made

〜ONE AND ONLY〜

2018.4/28(土)〜2018.5/6(日)の9日間、WHITE’S BOOTS カスタムオーダーの受注会を開催致します。
期間中は、通常承っているオーダー内容に加えて、特典を用意しております。

ts1804_img01
ts1804_img02
ts1804_img03
ts1804_img04

期間:4/28~5/6
開催場所:STUMPTOWN 渋谷店、横浜店

STUMPTOWNでは常時WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーを承っておりますが、
定期的に“TRUNKSHOW”と銘を打ってレギュラー内容とは一味違ったオプションをご提案しての受注会を開催しております。

今回の目玉としてSPECIAL LEATHERをご用意しました。
こちらはそれぞれ非常に少量となっておりますので、無くなり次第終了となります。

◆GOAT LEATHER BLUE/RED
◆WATER BUFFALO MEDIUM BROWN/DK.BROWN
◆CINNAMON WAXED FLESH / BROWN WAXD FLESH / NATURAL WAXD FLESH

また、毎回ご好評を頂いているLTT OXFORD、RETRO OXFORDのオーダーや、4ROWS STITCH TOE CAP、
1/2 BELLOW TONGES(SMOKE JUMPER) などマニアックな内容のオーダーも承ります。

期間中カスタムオーダーを御成約のお客様には、SPENCO社のインソール(RX Comfort)をプレゼント。
また仕上がり後の納品時には、ご自宅への配送サービスも致します。

ts1712_img04
TRUNK SHOWに関するお問合せやご質問は、こちらまで 03-3477-0658

サイズ選びから、オススメのパーツ、エイジング後の雰囲気などしっかりとアドバイスさせて頂きます。
お気軽に足をお運びください。

What is WHITE'S BOOTS CUSTOM ORDER?

whites_about-s
whites_custom-order-s
whites_particular-s


こんにちは。TAIです。
今週は前回からの続きの記事になりますね。
前回はムキムキダスティンを紹介しましたが、ダスティンがムキムキってことは紹介できたけど
お仕事の説明をしてなかったので今回はその辺を記事にしたいと思います。

1

この機械がなんだかわかりますか??
一見するとなんだかSTAR WARSに出てきそうなカワイイロボットみたいな。
ただもっと近くで見てみると・・・・

2

全然かわいくない。。。
よく見えないですけどここにはとんでもなくぶっとい針が2本付いていて
靴のウエルトとソールを一気に縫い上げるステッチダウンの機械なんです。
って言われても靴の製造の仕組みなんて見たことないからよくわかんないですよね〜
そんな方は是非こちらの動画を見てみてくださいね。

https://www.instagram.com/p/BbVBd_yHkr5/

動画見ていただいてお分かり頂けたかわからないですが
このミシンは色々なところがガチガチ複雑に絡み合って動いているのです
そのため毎日のメンテナンスが欠かせません。
ちょっとでも怠るとすぐヘソを曲げてしまって上手く動かないんです。

3

4

こうやって毎日毎日ミシンと格闘しております。
なんでそんな扱いにくい機械なの??って聞かれそうですが
お答えしましょう。
ズバリこのミシンとっても古いんです。
なんとWHITE’Sで使っているのは御年70〜80歳のとってもおじいちゃんな機械なんです。
なんでそんなおじいちゃんな機械使ってるの?
実はこの機械はずいぶん昔に廃盤になってしまいもう製造されていないのです。
だからとても高価で壊れても何度でも直して使い続けていくんですね。
高価ってどれくらいかって言うと、おそらく1台の値段は国産車が新車で買えるくらい・・・
そんな高価な機械・・・僕が触っていいので??
なんて最初は緊張してましたがもう今では、朝のおはようの油指しから
また明日のお掃除まで、もうべったりで恋人感覚です笑
そんな風に大事に扱ってるとだんだんと音や振動から
どこが調子悪いかなんてのが少しづつ分かってきました。
機嫌が悪くなってもスウィートスポットをコチョコチョっっとしてあげると機嫌がよくなったり。
でもダメな時は1日中へそ曲げてたりととっても人間臭いマシンです。
このミシンで作業を1日中しているダスティンの手はマメだらけ

5

もうボコボコです。
すごーく太い糸を使って縫ったりとか、こーやってブーツを回すのに
すごく力も使うから手はもうボロボロになってしまうんですね

6

僕なんかまだまだ革がむけた程度笑

7

それでも1日50〜60足縫っただけで直後は・・・

8

手いた〜〜い涙
ダスティンに一体何足縫ったらそんな手になるの?と聞いたら
10万足は縫わないとだなって言われちゃいました。
やっぱり修行に近道はありませんね。
日々鍛錬です。
ではまた。


本日は今期の当店の新作ブーツからひとつご紹介させて頂きたいと思います。

WHITE’S 6’SMOKE JUMPER BLACK DRESS/BROWN DRESS

どうやら“STUMPTOWN”のスモークジャンパーっていうとCHROMEXCEL(クロムエクセル)をイメージされる方が多いようです。
履いているスタッフもいるからか、SNSなどでも露出が他の革よりも多いからか。
実際、ストックのブーツをご購入される方にも、カスタムオーダーをされる方にも人気があります。

でも今回ご紹介するのは…
DRESS LEATHER !!
SEMI-DRESS のスタンダードレザーとしてご存知の方も多い革ですが
今回はSMOKE-JUMPERに、そして#9338ラスト、HALF LUGソール、CAP TOE …
といった仕様でオーダーしております。
IMG_9054

VINTAGE BOOTS をイメージしたちょっと玄人好みのブーツに映るかもしれませんが、
そこが良い!!
渋いですね。カッコいい!!
IMG_9071
BLACKはアッパー、ヒールやウェルトのステンカラ―、ハードウェアに至るまで、まっくろ。
1
WHITE’S BOOTS と言えば特徴の一つとして
〝アーチ・イーズ(ARCH EASE)〟という独特の履き心地があります。
SEMI-DRESSやSMOKE-JUMPERのラストももちろんそうですが
土踏まずが高く、甲もしっかりと締め付けがあり
言ってしまえば『足と靴の間にどこも隙間が無い』というくらい
ピタッと感じるフィット感と言いますか。
今回の仕様は、WHITE’SBOOTS社が使用するラストの中でも
比較的アーチイーズが優しめのラストを使っております。※過去の記事もどうぞ

カーブが効いたヒールから履き口にかけての曲線美も
WHITE’S BOOTSの美しさなんて言われますが、今回はブロックヒール!
SOLE STICHIもDOUBLEでは無く、SINGLE!なんとも潔い!泥臭い!
天の邪鬼だなぁなんて思う方もいらっしゃるとは重々承知の上ですが、これはこれで良いんです!

IMG_9053
IMG_9056
HALF LUG ソールもどっちかっていうと少数派。CAP TOE もね。 でも良い!だから良い!

BROWNも良いですよ。
IMG_9068
IMG_9050
IMG_9069

こっちはアッパーの深いブラウンと切り口、ヒールやエッヂのカラーとのコントラストを活かした仕様。
IMG_9048

男の色気がありますね。IMG_9055

クロムエクセルのようなはっきりとした革の濃淡、ツヤが出る革ではありませんが、
時間が経つごとにじわじわと出てくる味が何とも哀愁があるというか。渋い革です。

#9338(スウィング)ラストを履いてみたいという方、こんなブーツを探していたって方、
これはちょっと違う、もうちょっとこうしたいって方もオーダーの参考にしてください!

渋谷店・横浜店に近々並びます。
※オンラインへのUPは少々お時間を頂きます。


こんにちは〜TAIです。
日本は桜の花が綺麗に咲いているみたいで花見シーズン真っ盛りですかねー
SPOKANEではまだ桜が咲いてません・・・
つい先日も4月だってのに、雪が降りやがりました笑
まだまだ春が遠い感じがします笑
そういえば前々回のゲイリー爺さんの記事が反響良かったので今回の記事は人物紹介にします!!
誰にしよっかなーって工場ウロついてたら、誰にしても記事が書けそうなくらいキャラが濃い職人ばかり笑
どうせだったら今自分が教えてもらっている部門の人にしよう!ということで

1

こちらのマッチョメン!
彼の名前はダスティン。
ファンキーな鼻ピアスしてますけどいつもとっても優しい、いい奴です。
そしてダスティンは工場で1、2を争うほどのパワーの持ち主なんです。
工場のどこかでパワーが必要な場面になると必ずダスティンが呼ばれます!
「ダメだ・・・この箱が重くて運べない・・・そうだ! ダスティンを呼べ!!!」
「グヌヌヌ・・・ここ錆びちゃって全然ボルト回らない・・・そうだ! ダスティンを呼べっ!!!!」
っていうのをしょっちゅう聞きます笑
するとダスティンがピューっとやってきてたちまち解決してしまうのです!
まさに心やさしき巨人。
チョーデカイんです。彼。
僕と比較すると・・・

2

ほら笑
まちょっとは盛ってますけど。
でも腕も太けりゃ、手もデカイ。

3

さつまいもみたいな腕。

4

僕の手と比べられると僕の手が赤子の様で・・・涙
でもですね、なんとなんと
実はダスティンは・・・
僕より・・・
年下っていう・・・
そんなダスティンですが、彼が担当しいるのはこちら。
5

ステッチダウンといってブーツ製造において非常に重要なパート。
非常に繊細な作業だからとっても神経使うお仕事なんです。
こんなにムキムキマッチョなのにメチャクチャ繊細って。
どんだけ器用なのダスティン。。。
今僕はこの心優しいマッチョメンにこのステッチダウンを習っています。
これがもう難しくって難しくって。
次回の記事ではその難しさなんかも書いて行きたいと思います!
ではまた!


こんにちは!TAIですー
日本もだいぶ春らしくなってきたみたいですねーSpokaneでもだいぶあったかくなって来ました。
あとサマータイムが始まりましたね。サマータイム??って方は是非僕の過去のブログ読んでみてくださいね。
唐突ですが、3月17日って何の日でしょう?
日本ではほとんど馴染みがないと思いますね。
正解は・・・
『ST PATRICK’S DAY』 セントパトリックデーっていう日なのです。

1

どんな日かっていうと、アイルランドにキリスト教を広めた聖人 聖パトリックの命日でアイルランドの祝祭日なのです。
何でアイルランドの祝祭日がアメリカで?? それはアメリカには昔、アイルランドからの移民がたくさん来て、今もアイルランド系の人は
全米にたくさん生活しているのですよ。
ってwikipediaに書いてありました(ボソッ)

2

ダウンタウンに行くと毎年恒例のパレードが開催されてましたねー

3
4

気づきました??
なんか緑多くない???
そうなんです。St Patrick’s Day はみんな緑色の何かを身につける風習があるのです!
何かって何でもいいんです。Tシャツでも帽子でも靴でも
だからどこもかしこも緑だらけ。
という私も

5

しっかり染まっております笑
こんな時もしっかりWHITE’Sでございます。
キャップにメガネにヒゲ・・・
なぎら健一みたいですね笑

6

ベイダー卿もいらっしゃりました。

7

でた!!普段乗ってるバイクに緑の何かをつけてるだけのオヤジ笑
でもいいんです!緑なら何でもありなんです!!

8

ん・・・これは・・・変わった毛の生え方・・・これってスプレー・・・
気を取り直して・・

9

アイルランドといったらやっぱりこれ!バグパイプ!かっこいい!!!
実はこのSt Patrick Day、緑の服を着てパレードを見るだけの日じゃないのです。
実はみんなでお酒飲みまくって大騒ぎする日なのです。
ダウンタウンにある7つのBarがなんと朝7時からOPENしてるんです!

10

Barの入り口の地面にこのマークがあればそこのBarは大騒ぎしてまっせ!!ってこと。

11

ビビリな僕はBarの外からどこのBarで飲もうかと物色してます。
人が多いのが苦手なのに雰囲気は味わいたいというワガママな感覚です。

12

IRISH PUBを発見!!ここにしよう!外は人多いけど中はきっと大丈夫じゃ・・・

13

やっぱ人多い!!!
でも面白い!!映画タイタニックで3等客室のパーティーのシーンで流れてるような音楽が生で聞けました!!
みんな踊りまくってます!
そしてこれ!

14

緑色のビール!!
これがまた美味しくない!!!
見た目って大事ですね笑

15

2軒目!!!
懲りずにまたGREEN BEER!!
やっぱり美味しくない!!!!2軒目のは何だかメロンソーダみたいな味が笑

16

なんて味に文句言ってたら気づいたらベロベロ。。。
もう飲めませんデス・・・
僕はちょっとで潰れちゃいましたけど、周りの人たちは明日の朝まで飲みまくるんだろうなーと。
僕の知り合いは昨年のこの日に飲み代で約2000ドル使ったって言ってましたしね。
アホですね笑
以上、アメリカのあまり知られていない祝日シリーズの第1章でした!
ではまた!

 


3月17日に東京でも昨年よりも4日早い、桜の開花が発表されましたね。
この季節になると何故か決まってブーツを新調したくなるのは僕だけでしょうか?
ブーツといってもあまりブーツブーツしていないブーツがいいんです。
【仕事3:遊び7】の気持ちをお持ちの方には分ってもらえると思んです。
というのも、これからの時期って外遊び系の楽しいイベントがまぁ沢山。
お花見に春のハイキング、で意外と好きな梅雨が過ぎれば野外フェスシーズン。
ノーベル文学賞ねぇ。。。見てみたいなーって気分です。
日本という国は遊びも忙しいのかと思ってしまう季節です。
なので、トレランはしないけどそんな感じの超アクティブに使える
どちらかというとアウトドアブーツの機能を備えた1足なんてないかなぁ
というワガママな思考に行き着いてしまうんです。
でも、そういうワガママな1足ってあるんですね!!

9C9D7A24-E9E7-44EF-BD3E-8E57B8AEC48A

Danner
RIDGE TRAINER PLUS
¥14,000 + TAX
※他 【 ブラック 】 【 グレイ 】 あり
これってとんでもないお値打ち品だと思うんです。
このスペックなら恐らく僕達のわがままを叶えてくれます。
商品名をクリックして是非そのスペックをご覧下さい。
ダナー ジャパンさんのHPにも載っております。
 http://jp.danner.com/topics/ridge-plus.html
Vibramソール®とかDANNER® DRYメンブレンとか
Ortholite®インソールとか盛り沢山で凄い。
けど、読んでいて1つ気になる事が。。。
『セパレートタイプのかかとは特に下り坂で効果を発揮する。』という一文。
セパレートタイプのカカトっていうのはこれ ↓ のこと。

E2A56129-41A3-47E0-86A1-24FED7C01C64

アウトソール(黒いVibramソール)とミッドソール(白いVibramソール)がY字に割れていますね。
このY字に割れた機構がどんな効果を下り坂で発揮するのかを僕なりに考えてみました。
まず『かかと』って漢字で書くと『踵』と書き、『きびす』とも読みます。
良く出来てますね。
現代人は基本的に下り坂と平坦地を歩くときは踵から着地します。
なので踵にガッツリ体重が乗ります。そしてその体重の行き先は膝や腰です。
平坦地ならミッドフットやフォアフット着地を体得していれば踵から伝わる体への負担は軽減されます。
では下り坂ではどうでしょう。
【 下り坂=登頂していなくてもある程度登って体力は消耗した状態 】です。
下り坂の場合、恐らく大半の方はミッドフットもしくはフォアフット着地は無理です。
軽く調べてみましたけど、めっちゃ練習が必要そうです。
なので踵には平坦地とは比べ物にならない体重が掛かります。
ここで効果を発揮するのが前述の『セパレートタイプのかかと』です。
なぜかってこのかかと、ちょっと動くんです。
内側と外側が前後左右に稼動することで、足の動きに合わせて
踵に掛かる体重を逃がしてくれるんです。
これがわざわざセパレートタイプのかかとにした理由ではないでしょうか。

567C0ABB-0F86-4381-97F6-61EEBE0DE276

この手の靴が入荷するといつも思うんです。
アウトドアブーツに大切なのは『どこで作られたか?』よりも
『誰の為に作られたか?』とか『何の為に作られたか?』だと思うんです。
アウトドアブーツの価値というものはユーザーに向けられたメーカーの
考えや思いが重要視されるべきだと思うんです。
よってこのブーツはとんでもないお値打ち品 !!
最後に。。。
この春、気になるあの娘にアプローチを計画しているなら【桜の木の下】で。
桜の花粉に含まれるエフェドリンという興奮物質が成功に導いてくれるかも !!


mpboots_main
whites_logo

2018年3月11日発売

WHITE'S MP SERVICE BOOTS

WHITE’S BOOTSより新作が入荷致しました。
これまでのラインナップには無かった、Barrie Dress Shoe Last(バリーラスト)を用いたドレッシー且つ、クラシックなディティールを持ったサービスブーツになります。

mpboots_01
mpboots_02

・HORWEEN CHROMEXCEL
・4 Row Toe Cap
・6″ tall with all eyelets
・Single Celastic Toe Box
・Built on a Barrie Dress Shoe Last
・Handmade, Hand Sewn, Hand Lasted, Hand Welted, & Hand Bottomed Construction

mpboots_03

・Dainite Sole
・Waxed Flat Boot Laces
・Rebuildable & Resole-able

mpboots_04

発売日の3月11日は、お台場にて開催される“稲妻フェスティバル”にWHITE’S ブースを出展予定です。会場にてこちらのMP BOOTSも披露いたしますので、ご来場の際は是非ご覧下さい。

■販売店舗:STUMPTOWN渋谷、STUMPTOWN 横浜、STUMPTOWN ONLINE STORE
■足数に限りあり。詳しくはSTUMPTOWN 渋谷まで