昨年冬に初となるDannerとNANGAのコラボレーションブーツが発表された。
4日間にわたり開催された先行販売イベントでは100足が即完売。
12月13日に迎えたオフィシャルリリースでは初日にメンズサイズがほぼ完売するなど、
非常に大きな反響を呼んだ。

そんな界隈を大きく賑わせた両ブランドが2020年11月に第二弾となる
コラボレーションモデルをリリースする。

「Danner×NANGA FREDDO OVER BOOTS」

メイドインジャパンに拘り、自社工場で高品質なシュラフなどを製造するダウンメーカー”NANGA”
安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、その品質・機能性の高さから近年はフィールドシーンのみならずファッションシーンでも人気を集めている。

そんなNANGAとDannerのコラボレーションモデルとして誕生したのが「FREDDO OVER BOOTS」
Dannerのスノーブーツ「FREDDO」シリーズをベースとしたオーバーブーツと、
保温性に優れたNANGAのダウンを使用したインナーブーツの2層構造となっている。

①NANGAのダウンを使用した「インナーブーツ」

今年のインナーブーツは発色の良いターコイズとレッドの二色展開。
昨年のインナーブーツがワントーンだったのに対し、今年はフロント部分がブラックになったツートン仕様。インナーブーツのみで履いた時も足元を鮮やかに彩ってくれる。

インナーブーツに使用されているNANGAの中綿は、スペイン産の丈夫で反発性の高いダックダウンを
国内の三重県は伊勢平野にある「河田フェザー」で洗浄加工したもの。
足全体が包まれるようなソフトな足あたりと、圧倒的な軽さを兼ね備えている。

②Danner FREDDOを踏襲した「オーバーブーツ」

オーバーブーツのベースデザインは、Dannerの冬の定番となったウィンターブーツ「FREDDO」を踏襲し、水に強いDannerオリジナルメンブレン素材「Danner DRY」を使用。
撥水性・耐久性に優れ、あらゆる環境下でそのパフォーマンスを発揮する。

甲部分にはテープ・バックルがついておりスムーズな着脱が可能。
歩行時の微妙なフィット感の強弱も調整が可能となっている。

③アウトソール「vibram ファイヤーキャット」

アウトソールにはスノースポーツ用に開発されたvibram ファイヤーキャットソールを採用。
加えて底面には低温状態によるラバーの硬化現象を抑えるアイストレックコンパウンドを適用。
ラバーの軟性を維持する事で、濡れた路面や雪面でも強力なグリップを発揮する。

④アタッチメント

インナーブーツを外して使用する際はサイズ感が変わってしまう為、
付属のインソールを入れることでオーバーブーツのみでの着用も可能になる。
寒冷地での「オーバーブーツ+インナーブーツ」テントや室内での「インナーブーツ」
アーバンシーンでの「オーバーブーツ」といった3WAYの仕様となっている。

また今作はインナーブーツと同色のシューズバッグが付属。
インナーブーツを入れたり、レジャーの際ブーツを丸ごと入れて現地で履き替えたりと使い方は様々だ。

Danner×NANGA「FREDDO OVER BOOTS」¥18,000+TAX

STUMPTOWN渋谷店・銀座店 11月6日 11:00~ 発売開始
STUMPTOWN online store 11月6日 12:00~ 発売開始

※事前のご予約やお取り置き等は承っておりません
※在庫状況によってはサイズ交換などのご希望にお応えできない場合が御座います


11月21日(土)~11月22日(日)の二日間にわたり
STUMPTOWN銀座店にて『100 WHITE’S BOOTS MFG.』の店頭在庫販売会を開催致します。

『100 WHITE'S BOOTS MFG』

アメリカWHITE’S BOOTSの工場で修業を積んだ日本人職人が、
2019年にここ日本で新たに立ち上げたブランド。

100 WHITE’Sの魅力については過去に掲載しておりますこちらのTOPICSをご覧ください。
https://www.stumptownjapan.com/topics/13234/

通常、完全サイズオーダー制となる100 WHITE’Sはご注文いただいてから納品まで
4か月ほどのお日にちを頂いておりますが、今回のイベントではご購入いただいた商品をその場でお渡しさせて頂きます。
(在庫数には限りが御座いますので予めご了承ください)

完全ハンドメイドの為生産数に限りがあり、なかなか実際にご試着頂ける機会も少ない商品です。
ぜひこの機会に店頭へ足をお運び頂き、100 WHITE’Sの履き心地を実感してみてください。

また、期間中は会場にて特別イベントを実施致します。

日時
11.21 13:00~16:00
11.22 12:00~15:00

実演内容
吊り込み(ラスティング)
ハンドソーイングアウトソール など

100 WHITE’S BOOTS MFG.の立役者でありブーツメーカーの新城将也氏を迎え、
特設スペースにて100 WHITE’S製作工程の実演を行います。

並べられた文章だけでは伝えきることが出来ない、その100 WHITE’Sに凝らされた工夫を
実際に目で見て、実際に話を聞いて、肌で感じることが出来る特別な機会です。
この特別な機会に是非足をお運びくださいませ。


※ご用意できる在庫数には限りが御座います。在庫切れの場合サイズがご用意できないこともございます。
※イベントの開催はSTUMPTOWN銀座店のみになります。渋谷店ならびにOnline storeは在庫販売の対象外となります。
※事前のご予約、お取り置き等は承っておりません。
※お客様の数によっては入場制限をかけさせて頂く場合が御座います。


Custom Made

〜ONE AND ONLY〜

期間:2020.7.10(金)~2020.7.26(日)
開催場所:STUMPTOWN 渋谷店、銀座店

STUMPTOWNでは常時WHITE’S BOOTSのカスタムオーダーを承っておりますが、
定期的に“TRUNKSHOW”と銘を打って、特別な受注会を開催しております。

今回の受注会の目玉は、↓こちらです!!

TRUNKSHOW期間内のみ、クロムエクセルレザーのオプション料金(¥5,000-)が無料になる特別受注を実施致します!
経年変化を楽しめるレザーとして本国アメリカをはじめ、
日本においても評価の高いホーウィン社クロムエクセルレザー。
カラーはブラック、ブラウン、バーガンディ、ネイビー、ナチュナルの5色。
全てのモデルに使用可能です!

また、仕上がり後の納品時には、ご自宅への無料配送サービスも承りますので
遠慮なくお申し付け下さい。

更に!TRUNK SHOW期間内カスタムオーダーをご成約のお客様には、WHITE’SオリジナルTシャツをプレゼント!!

TRUNK SHOWに関するお問合せやご質問は、こちらまで 03-3477-0658
サイズ選びから、オススメのパーツ、エイジング後の雰囲気などしっかりと
アドバイスさせて頂きます。お気軽に足をお運びください。


自然の造形の中から生み出されたディティールを融合したデザインが特徴のFLOWERMOUNTAINと80年以上の歴史を持ち、
革新的な機能で成長し続けているDANNERのコラボレーション第3弾が登場。
伸縮性と通気性に富んだ「ハニカム形状」をモチーフに制作されたアッパーのメッシュ素材が特徴で、
快適性に優れた包み込むようなフィッティングを実現。
サンダルと靴のメリットをピックアップしたデザインとアウトドアテイストなアウトソールが融合したシューズ。

Danner × Flower Mountain

D822002 M.MAZAMA

OLIVE
¥22,000+tax

NAVY
¥22,000+tax

BEIGE
¥13,000+tax

GRAY
¥13,000+tax

NAVY
¥13,000+tax


ビビットでポップな装いをまといながら、シンプル且つ実用的でアウトドアシーンでも耐え得るもの作りを追求し続けるデザインプロジェクト【TOPO DESIGNS】。彫刻家でデザイナーとしても活躍するJedd Roseが2007年に立ち上げた【TOPO DESIGNS】は、ギアとしてのパフォーマンスと、新しい時代のエッセンスを独自の目線で融合したプロダクトを常に生み出し続けている。
そんな【TOPO DESIGNS】と1932年創業の老舗フットウェアブランド【DANNER】がタッグを組んだ今回の企画。リリースされるのはシューズ、バッグ、ロングスリーブTシャツ 3つのモデル。いづれも、それぞれにたがいのブランドスピッリツが融合したアイテムとなっている。

2020 4.10 FRI ON SALE
渋谷店、銀座店、STUMPTOWN ONLINEにて

TRAIL 2650 61207
¥17,000+TAX

W’S TRAIL 2650 61208
¥17,000+TAX

MOUNTAIN PACK
¥19,800+TAX

LONG SLEEVE TECH TEE
¥7,300+TAX


昨年の4Q CHUKKAに続く、MAX SCHAAFの別注モデル第2弾が遂に店頭発売となる。
アメリカのカリフォルニアで行われた「BORN FREE MOTORCYCLE SHOW」でローンチ、日本でも横浜で行われた「HOT ROD CUSTOM SHOW」での初公開を終え、多くの反響を得た。

WHITE'S BOOTS 4Q FOREMAN
¥69,000+TAX
2019年12月21日発売

前作『4Q CHUKKA』は、バイクのライディング時だけでなくマシンを降りた後のビルドワーク時も動き易いようにと、これまでWHITE’Sには無かったCHUKKAというスタイルを発信した。
そして今作は、WHITE’Sの新しいプロダクトの一つFOREMANがベースとなっている。

より多くのワーカーに向けて、既存のWHITE’Sのヘリテージのラインナップよりも優れたクッション性、軽さを追求し開発されたワークブーツで、アッパーはクランプダウンした後にステッチダウンでボトムに縫い付けられる。もちろんつり込みも全て手作業によるものでフィット感、ホールド性は健在。
更に通気性&クッション性に優れている「Ortholite製」のインソールが付属するところも魅力。
『4Q FOREMAN』のアッパーは、堅牢なブラックオイルタンのレザー、クォーターにはオリジナルのロゴが刻まれ、バックステイだけクロムエクセルのバーガンディがあしらわれている。
FOREMANをベースにしたのは、キックペダルの操作性が良いトラクションソールを採用している事や、レザーミッドソールに加えハーフスリップが足されている点も巡航時の時の安定感を得やすく、ハイトも6インチはしゃがんだり、立膝を突いたりといった作業時の可動性が良いため。靴1足を選ぶ事にもMAXならではのこだわりが強く感じられる。

Photo by KEN NAGAHARA

レザーやソールのチョイスなども含め、クラシックな雰囲気を残しつつも自身のライフスタイルに合わせ完成した前作『4Q CHUKKA』。さらに最新の素材を取り入れつつ、より快適なライディングに向けたブーツを追求した今作『4Q FOREMAN』。WHITE’S BOOTSとMAXの互いの絶対的な信頼関係と、MAX自身の発想の広さ、探究心を改めて知らされる別注モデルだ。

12月21日(土)渋谷店・銀座店の実店舗とONLINE STOREで発売開始。

WHITE'S BOOTS
4Q FOREMAN

¥69,000+tax


Danner D120050 FREDDO OVER BOOTS
¥18,000+TAX
2019年 12月 13日 発売予定

国産に拘り自社工場にて高品質なシュラフなどを製造するダウンメーカー“NANGA(ナンガ)”。
品質の高さや安全性からキャンパーや登山家からも絶大なる信頼を得るブランドがDannerとコラボレーション。
果たしてどのようなモデルなのか。発売を前に気になる全貌を紹介する。

FREDDO OVER BOOTS、このブーツは簡単に言うとNANGAのインナーブーツと、
その上から履く事が出来るオーバーブーツの2つのブーツからなっている。

NANGA製のインナーブーツは、中綿にホワイトダックダウン 80-20(650FP)を使用。
山小屋やテント内でも快適に過ごす事が出来るダウンシューズだ。

室内で過ごしたのち、インナーブーツを脱がずに、
そのまま屋外で履けてしまうのがDannerのいわゆるオーバーブーツ。
ベースには冬の定番アイテムになりつつある“FREDDO”を用いているため、
防水性やソールの防滑性も問題なしという事。

繰り返すが圧倒的な保温性とソフトな履き心地のインナー、
悪天候や滑りやすい路面でも安心して履けるオーバーシューズが一体となるわけだ。
これは寒い時期の外出、当然アウトドアを楽しむ方には本当に重宝しそうだ。

ひとつ、NANGAのシュラフ(寝袋)を使った事があるからこそ気になる事が。
本当に軽くて暖かいインナーシューズ、これが必要でない環境の時は…
オーバーシューズは単体では履けないのでは…。

いらぬ心配だった…。
オーバーシューズにも取り外し可能なインソールが着いており、
さらに調整可能なアンクルストラップがある為、インナーブーツを抜いても問題なくフィット感が得られた。
つまりそれぞれ単体での使用も可能だという事。3WAYの使い方が出来るというわけだ。

サイズ展開は1㎝刻みで、US 5(23㎝)~US 11(29㎝)となる。
インナーブーツもそれぞれのサイズに合わせS・M・L・XLが搭載される。
最後にサイズ感の印象だが、通常US製のダナーライトをUS 9(27㎝)、
マウンテン600などのパフォーマンスシューズをUS 10(28㎝)で履いている私は、US 10(28㎝)がしっくりきた。

12月13日(金)渋谷店・銀座店の実店舗とonline storeで発売開始

Danner × NANGA

FREDDO OVER BOOTS

【商品詳細】
撥水ナイロン / Danner® Dry メンブレン
VIBRAM® ファイアーキャット / ホワイトダックダウン 80-20% (650FP)

BLACK/BLACK
¥18,000+tax

BLACK/RED
¥18,000+tax

BLACK/YELLOW
¥18,000+tax


2019年11月2日~3日に開催される
「BOOTS FESTIVAL in YOKOHAMA」に出店決定

会場では、BOOTSの展示 試履会を開催
WHITE’S BOOTSを試着してアーチーズを
体感された方に先着で

『Lightning』12月号の誌面でも紹介されている
江戸時代の火消が
スモークジャンパーを
履いた浮世絵ステッカーをプレゼント

【SMOKE JUMPER】
創業以来100余年の歴史の中で、
製法の根源を変える事無く
生産され続けた
White’s Bootsを代表するモデルが「SMOKE JUMPER」。
このブーツは、森林火災の消火にあたる消防隊員が
飛行機から降下し、
煙立つ火災現場に赴く様から
スモークジャンパーと呼ばれており、

今もなおその足元を強く支えています。

「ブーツフェスティバル横浜」

開催日:2019年11月2日(土) 11:00~17:00
・2019年11月3日(日) 10:00~15:00
開催場所:ザ・クラブハウス横浜ベイ
(神奈川県横浜市中区新山下3-4-17)
入場料:500円(税込)※保護者同伴の⼩学⽣以下無料
主催:ブーツフェスティバル横浜実行委員会
(株式会社エイ出版社内)

https://funq.jp/lightning/article/504396/


1979年、Danner社は1つのアウトドア・ブーツを開発した。
当時主流であったクラシックな登山靴に比べ圧倒的に軽量な事から
”Danner Light”と名付けられた。
エポックメイキングなブーツの登場である。
それはただ軽量だっただけではない、GORE-TEX素材を初めて
ブーツに採用したのだった。その名はまたたく間に世界中に広まった。

1980年代のDannerLightの広告

それから40年。デザインや構造の大きな変更もないまま、DannerLightは
アウトドアズマンだけでなく、世界中の人々に愛されている。
そんなDannerLightが2019年で40周年を迎え、アニバーサリーモデルが
発売される。初期のアッパーのデザインパターンを再現し、
TIMBER BROWNとBLACKのバイカラーという配色がクラシックさと、
どこか洗練された印象すら受ける。

Danner Light 30531 BLACK/TIMBER

¥60,500(TAX IN)
2019.10.19(SAT)発売予定

渋谷・銀座の店頭とONLINE STORE

※販売方法ほか
店頭販売:11時~ ※先着順にご案内
ONLINE:13時~
・お一人様につき1足
・取り置き、予約など一切禁止。
・交換不可、商品不良以外での返品不可。

T-BACKと呼ばれるバックステイ、ナイロンパネルのシュータン、
ライニングにプリントされた黒タグ。
初期モデルに見られたマニア垂涎のディティールも再現されている。

また、40周年を記念してUS製の対象商品をご購入の方に
先着でSOTO製のスライドトーチ、特製サコッシュなどのノベルティを
プレゼント予定です。2019年、ブーツを愛する私たち皆で
DannerLightのお祝いをしていきましょう。