White’s Boots × StopLight × SENSE

sense_main
sense_logo

White’s Boots × StopLight × SENSE

雑誌「SENSE」によるWhite’s Boots 別注プロジェクト第一弾のRING BOOTSが完成。
パートナーには90年代に“渋カジ”と呼ばれたハードバイカーなスタイルを作った「ストップライト」主宰の高山 隆氏が迎えられ、White’s Boots × StopLight × SENSEというトリプルコラボレーションが実現されたモデル。完全数量限定のこのスペシャルな企画の販売店としてSTUMPTOWNが選ばれました。

sense_img01
sense_img02

オリジナルのアイデアが満載で、トップストラップ部分のバックルまでオールブラックで仕上げ、ハーネス部分のリング、ストラップ、 ハトメまでも全てブラックで統一されソリッドさをプラス。 本モデルの象徴的なポイントとなるスクエア型のトゥと、極限までシャープに仕上げたシャフト、 Vibram#700を加工した#700ハーフのソールと相まって、タイト&ナローな美しいシルエットを形成しています。 ストップライトの象徴モチーフ一つ目スカルをシャフト中央にはインレイで、 トップストラップ下には白のシルバーパーツが打ち込まれ、履きこむごとに銀面が生まれる仕様に。

sense_img03

購入者にはスペシャルデザインのTシャツと缶バッジのプレゼントがあります。


STUMPTOWN LIMITED EDITION

6lace_main
6lace_logo
6lace_img01
6lace_img02
6lace_img03

ブーツの販売と修理のショップ『STUMPTOWN』の別注モデル。
1950年代のラインナップを現代版として具現化したモデル。
今作は一昨年前の極厚クロムエクセルに続き、独特の存在感を放つエイジングショルダーというシボ革をアッパーにチョイス。
重厚感がありながら、しなやかな足当たりが特徴。経年変化も楽しみな男らしい1足に仕上がった。
ソール交換可能。

6lace_item01
¥48,000+TAX
6lace_item02
¥48,000+TAX


STUMPTOWN LIMITED EDITION

tledo_main
tledo_logo
tledo_img01
tledo_img02
tledo_img03

ブーツの販売と修理のショップ『STUMPTOWN』の別注モデル。
ファーストのリリースは約20年前となる『TOLEDO』をオリジナルに近い仕様で復刻。
モカシン部分は全て熟練の職人による手作業の為、非常に手間と時間を要する。
日本人にあわせた木型と、しっかりと足を包み込んでくれる袋状の製法は快適な履き心地を約束する。
ソールは天然クレープを使用。

tledo_item01
¥19,800+TAX


STUMPTOWN RECOMMEND ITEMS

trunk_1707_main

Custom Made

〜ONE AND ONLY〜

2017.7/24(月)〜2017.8/6(日)の14日間、WHITE’S BOOTS カスタムオーダーの受注会を開催致します。
期間中は、通常承っているオーダー内容に加えて、特典を用意しております。

trunk_1707_01
trunk_1707_02
trunk_1707_03

WHITE'S BOOTS “LTT OXFORD”

¥83,500〜(+TAX)

これまでSTUMPTOWNでは、いくつかのOXFORDモデルを紹介してきた。
独特のボリューム感と履き心地が特徴のNORTH WEST OXFORD、クラッシックな雰囲気とワークブーツらしさを残すOXFORD、
古いラストを用い他とは一線を画すRETRO OXFORD。
そして今回はこれまでのラインナップに加え、TRUNK SHOW用に発注した限定モデル“LACE TO TOE OXFORD”を初公開。
LTTならではの足先までFIT感を高めたアッパーデザインにセパレートのソール。
重厚感とドレッシーな雰囲気を併せ持つ渾身の1足。貴方だけのカスタムを施してみてはいかがだろうか。

〜ONE AND ONLY〜

TRUNK SHOWに関するお問合せやご質問は、こちらまで 03-3477-0658

サイズ選びから、オススメのパーツ、エイジング後の雰囲気などしっかりとアドバイスさせて頂きます。
お気軽に足をお運びください。

What is WHITE'S BOOTS CUSTOM ORDER?

whites_about-s
whites_custom-order-s
whites_particular-s


STUMPTOWN RECOMMEND ITEMS

utah_main
utah_01
utah_02
utah_03
danner_logo_s

UTAH & NEVADA

ブーツラバーにとって、季節や天候は関係ない。
晴れだろうが雨だろうが、常に自分の価値観にあった靴を履いていたい。
夏だからといって、易々とブーツを脱ぎたくないし、それなりにこだわりたいもの。

Danner の『UTAH』と『NEVADA』はそんな私達の探していた1足になりえるかもしれない。
それぞれアッパーに本革を使った、SLIP ON タイプの『NEVADA』と、ストラップタイプの『UTAH』は
Dannerの十八番、ステッチダウン製法で作られたサンダル。
将来、ソールの交換だって出来る構造。
MADE IN JAPAN の確かなつくりで、他のサンダルとは一線を画す存在感がある。
ピッグスキンのライニングとフットベットだから、吸水性はもちろん、履きこむほどに馴染んでくれる。

素足で履くもよし、ソックスと併せて履くも、又こなれた感が出ること請け合い。
STUMPTOWNがこの時期オススメしたいスタイル。


STUMPTOWN LIMITED EDITION

creek_main
danner_logo_s

CREEK

creek_01
creek_02
creek_03
D511020
¥35,000+TAX

1960年以降、健康に対する意識が高まると共にアメリカの人々は
ハイキング・バックパッキングといった、アウトドアへとくりだして行った。
その頃トレッキングシューズをはじめとするアウトドアブーツへの専門化、強化を図っていたDannerは後に、
世界で初となるGORE-TEXを搭載したDannerLightを世に送り出すなど、
現代への礎を築いていくのだが、その歴史は登山靴に限らず、ワーカーやファーマー達のために
それぞれの環境を想定した靴を作るブーツメーカーの一つであった。

50年代のカタログには鉄道員をはじめ、制服姿に合わせた靴も供給している。
ハイトの高いいわゆるブーツのたたずまいでは無く、ドレスシューズの様相を呈した、かつ丈夫なシューズ。
質実剛健でありながら、フォーマルである靴が求められたからである。
そんなヒストリー・アーカイブを、STUMPTOWNが現代風に解釈した形の一つが、今回のCREEK。
肉厚なガラスレザーのアッパーに、キャップトゥのスタイル。
当時のスペック同様にグッドイヤー製法でさらにストームウェルトの仕様。
ボトムにはベンズの中板に、VIBRAMのタイガムソールをハーフで選択。
横浜店の1周年を記念し、別注をかけた1足。
渋谷店・横浜店・銀座店で数量限定で、4月22日発売予定。

EmptyName 55_2
EmptyName 56_2

STUMPTOWN LIMITED EDITION

hillsboro_02_ttil_bg
danner_logo_s

HILLSBORO SOFT NATURAL

_0209_2
¥39,000

『ヌメ革』

日々のケアや手の脂が染み込むことより、色はより深いものへと変化する。
もちろん、特別なケアなどが無くとも、紫外線や、摩擦などの刺激によって革が元々含んでいる脂分が染み出し、
これを磨くことで独特のじんわりとした艶(ツヤ)が現れる。革を持つ者、
それぞれのライフスタイルと共に育っていく革である。
昨年、リリース早々の完売となった『ヌメ革』仕様の数量限定での再発売。
ヌメ革の特性上、つり込み等の製造工程は一筋縄ではいかない為に職人泣かせの1足でもある。


STUMPTOWN LIMITED EDITION

WASHOUGAL MIXED MILITARY
danner_logo_s

WASHOUGAL MIXED MILITARY

WASHOUGAL MIXED MILITARY
WASHOUGAL MIXED MT
D212006
¥31,320

M-65タイプ、ナイロン混紡コットン、ファティーグパンツのバックサテン、US.ARMYヘリンボーン…など、
ミリタリーウェアに使用されるマテリアルを新たにリプロダクトし、大胆にもアッパー全体にあしらった意欲作。
時間の経過により、それぞれの素材に異なった経年変化が生まれてから、より良さがわかるであろう1足。
ミリタリーテイストを全面に押し出すのではなく、ソールや履き口のヌメ革のチョイスなど、
素材遊びと全体のカラートーンを合わせるといった、粋なアーバン・ミリタリーブーツである。


STUMPTOWN LIMITED EDITION

ENGINEER&6"LACE UP
danner_logo_s

ENGINEER&6"LACE UP

『Danner』=アウトドア・ブーツのイメージが強いが、
1932年創業当時から1970年代まではトレッキングブーツや、
アウトドアブーツ以外にも、ワークブーツや、ロガーブーツなども扱っていた歴史がある。
今回のプロダクツは、中でも1950年代のラインナップにあった2つを現代版としてリリース。
その佇まいは、男臭い作業靴ではなく気品すらかじられる、エンジニアブーツとレースアップブーツである。
Horween社の極厚のCHROMEXCELクロムエクセルを使用した“MADE IN JAPAN”の至極の逸品。
STUMPTOWN 限定発売。